口内炎がなかなか治らない。やっと治ってもまた再発するなどで、悩んだことはありませんか?

口内の傷から、細菌感染してしまったことから起きるものや体調が悪いときに発症するものなど、口内炎の原因は様々です。

なかなか治らない口内炎は、何科にかかれば良いのでしょう。

スポンサ―リンク


口内炎とは?

口内炎ができると、おいしくものが食べれなくなったり、食べ物や飲み物がしみたり、痛みを感じたりします。

しょっちゅう気になりますし、もしできてしまったら早く治したいものですよね。

口内炎はウィルスや細菌により、口内の粘膜が炎症をおこしてしまっている状態です。

口内炎にも感染する細菌やウィルスにより、いくつか種類があります。

一般的には、体力が落ちたとき、免疫力の低下によりおこる「アフタ性口内炎」です。

同じく、免疫が低下した時に起こる、口唇ヘルペスも、口内炎の一種です。

口内を誤って噛んでしまったり、歯の治療などで金属があたったり、入れ歯があたったりすることで傷がついた口内にばい菌が入ることで起きる口内炎もあります。

口内炎は何科にかかるの?

口内炎は、特に何もしなくても、普通は1-2週間で自然に治るものが多いです。

ですが、なかなか治らなかったり、治ってもまた再発する場合は、薬を使って治療をしたほうが、不快な症状が長引かないので安心です。

口内炎でかかる科といえば、
  • 歯科
  • 皮膚科
  • 口腔外科
  • 耳鼻咽喉科
  • 内科
と、該当する科がたくさんあります。

ただ、歯科でも口内炎の治療は行っていないとか、耳鼻咽喉科でも、口内炎の治療は行っていないとか、専門外というケースもあるようです。

近所にあるそれぞれの病院やクリニックを尋ねるときには、予め口内炎の治療は行っているかどうか、電話などで確認をしてから行くと良いでしょう。
スポンサーリンク

口内炎の治療は?

口内炎の治療には、原因によっても異なりますが、塗り薬を処方されることが多いようです。

他にもうがい薬や、パッチなどが処方されることがあります。

口内炎を早く治すには、口の中を清潔に心がけること。

食事の後、歯みがきができなくても、水でよく口をすすいでおくとか、お茶でゆすぐなど、気をつける。

免疫が低下したことが原因の場合も多いので、よく睡眠をとったり、バランスの良い食事を心がけます。

だいたい二週間ぐらいで、治ることが多いようです。

まとめ

口内炎で受診できる科は

歯科、皮膚科、口腔外科、耳鼻咽喉科、内科などがあります。

口内炎の治療を行っている科を、事前に確認すること。

スポンサ―リンク