足の関節が腫れたり、痛むような症状がある場合、痛風が疑われるかもしれません。

尿酸値が高いということも重なれば、きちんと受診しなくてはいけません。

ところで、痛風は足なので、整形外科?それとも内科?

どの科にかかれば良いのでしょうか。

スポンサ―リンク


痛風の症状は?

痛風は、ある日突然、足の関節に激痛が起こります。

痛みが起きた後、足の親指の関節が腫れることが多いですが、アキレス腱や、足首、くるぶし辺りが痛むこともあります。

風が吹いても痛いというぐらいですから、それはもう、耐え難い痛みに襲われます。

痛みや腫れは、数日で回復しますが、それでもう治ったかと安心していると、また次の痛みが襲ってきます。

早めに治療を行えば、ひどくならずにすみますので、痛みがおきたら、診て貰いましょう。

また、健康診断で尿酸値が高かった人は、痛風になる可能性があります。

尿酸値が高く、足の関節の腫れ・痛みがあった場合は痛風を疑って、すぐに受診をすることをお勧めします。

整形外科を受診した場合

足の関節の痛みなので、整形外科を訪れても良いでしょう。

足の痛みが、痛風によるものなのか、それとも骨折など、他の原因なのか、判断がつかない場合は、整形外科に行きます。

もし痛風が疑わしいという場合には、内科や痛風専門のクリニックなどを紹介してもらいます。

整形外科では、痛み止めの処方をしてもらうことはできますが、根本的な治療はできません。

内科を受診した場合

尿検査や血液検査で、痛風かどうかの検査をしたり、高尿酸血症になっている場合は、その治療を行います。

高尿酸値にさせる原因を調べ、生活改善などの指導が必要になる場合もあります。

ただ、病院によっては、痛風の治療を得意とするところと、そうでないところがあります。
スポンサーリンク

痛風外来や痛風専門のクリニック

痛風であると診断されたら、やはり痛風を専門に治療する痛風外来がある病院などにかかるのが安心でしょう。

痛風は初期で治療をすれば、悪化せずにすみますが、基本的には、完治することが難しく、長年患っている方も多くいます。

薬での治療や、食事療法、生活指導など、的確な指導を受けるためには、経験の多い専門医がいれば、安心ですね。

まとめ

足の関節の痛みが起こった場合は、整形外科を受診します。

痛風の疑いが強いという場合は、内科を受診します。

痛風外来など、痛風の治療を専門に行っている科もあります。

近所に専門医がないか、調べて見ましょう。

スポンサ―リンク