春が近くなると、ムズムズとやってくる、花粉症。

今まで何ともなかったのに、突然アレルギー症状が襲ってくるということもあります。

つらくて生活に支障があるという場合は、専門医に診ていただくことをお勧めします。

ところで、花粉症は内科?耳鼻科?病院では何科にかかれば良いのでしょうか。

スポンサ―リンク


これって花粉症?

クシャミや鼻水が長く続いたら、風邪ではないということがわかると思います。

目や皮膚のかゆみ、頭痛、体がだるいなど、スッキリしない症状が続くようでしたら、何かのアレルギーを疑ってみても良いかもしれません。

特に代表的な、くしゃみ、鼻水、目のかゆみが続く場合、花粉症を疑って、医師や薬局などに相談をしてみてはいかがでしょう?

花粉症は何科にかかるべき?

花粉症とひとことで言っても、症状は人それぞれです。

クシャミ、鼻水、目のかゆみといったものが代表的な症状ですが、人によっては頭痛や発熱だったり、イライラ、咳、喉の痛みや痒み、肌の痒みといった症状が出ることがあります。
  • 目のかゆみだったら眼科。
  • クシャミ、鼻水、喉の不快感だったら耳鼻咽喉科。
  • 頭痛や発熱だったら、内科。
  • 肌の痒みだったら皮膚科。
と、症状によって、どの科にかかるかも変ってきます。

また複数の症状がある場合は、色んな科にかからないといけない?

それとも、総合的に内科で診て貰えるのか?

子供だったら、小児科でいいのか?

などなど、病院選びにも困ってしまいそうです。

複数症状が出ている場合でも、例えば喉の痛みや痒みがひどいという場合は、耳鼻咽喉科を受診してみてはどうでしょう。

アレルギー科がある場合は、アレルギーのことを専門とするお医者さんがいます。

複数症状がある場合、花粉症以外のアレルギーがある場合などは、あわせて聞けるので安心です。
スポンサーリンク

花粉症かどうかを検査する

まず、花粉症かもしれないと思ったときには、病院で検査を受けることになると思います。

検査にも、血液検査、皮膚のパッチテストやプリックテスト、鼻の粘膜を調べるテストなどがあります。

どの検査をするかは、かかっているお医者さんが案内をしてくれます。

複数のアレルゲンを調べたい時には、血液検査があります。花粉症といっても、スギ花粉だけでなく、様々なものがあります。

スギやヒノキなどは冬の終わりから春先ですが、ブタクサですと、秋のはじめになります。

真冬を除いては、花粉症は1年中おこる可能性もあるんですね。

原因を知って、その季節が始まる前に、薬を飲むなどの対策をしましょう。

花粉症は自然治癒しないので、原因を遠ざけたり、マスクで防御したりの対策も必要です。
関連記事

まとめ

花粉症と思われる症状が出て、長く続く場合は、検査で調べてもらいましょう。

症状により、かかる科を選びます。

複数の症状や、アレルギーがある場合はアレルギー科を受診してみましょう。

スポンサ―リンク