%e3%81%8a%e3%81%aa%e3%82%89%e3%81%99%e3%82%8b%e7%8c%abおならがよく出る時、腸の調子が悪いのかな?と思うことがあります。

おならは、食事などで飲み込んだ空気を体外に出すものと思っていましたが、それだけではないようです。

意外と知らない、おならの働きを、探ってみましょう。

スポンサ―リンク


おならがよく出る原因は?

おならというのは、飲み込んだ空気が腸の中で腸内ガスとなって、肛門から出るものです。

食事などで飲み込んだ空気は、吐く息と一緒に排出されていたり、げっぷとして出たり、おならとして出ます。

おならは通常でも、1日のうちに1-20回は出ています。どんな美人でも、どんなイケメンでもおならは出ています。

ですので、これぐらいの回数であれば、通常回数のうちです。

おならがよく出る原因は、
  • 炭酸等、空気が体に溜まりやすい飲み物を飲んだため。
  • ガスを発生させやすい食品を食べたため。
  • 緊張や癖などで、空気を知らずに飲み込んでいるため。
腸内ガスは、腸内を通って、体の外にでますが、腸の中で、便を排出させるために、便を押し出すという働きもしています。

おならが臭い場合、臭くない場合

おならは日によって、臭い時と、臭くない時があります。

いつもは臭くないのに、臭いおならがたくさん出る日などは、腸内環境が悪くなっているのかもしれません。

臭いおならというのは、有毒物質から出ているものなのです。

通常であれば、おならは臭くないのですが、いつも臭いという場合は、食生活など生活習慣の見直しが必要かもしれません。

腸内環境の善玉菌を増やして、正常にを整えてくれる食べ物には、ヨーグルトやチーズ、漬物、味噌、納豆などの乳酸菌。

オリゴ糖をたくさん含む、バナナ、キャベツ、ジャガイモ。

食物繊維が多い、さつまいも、オクラ、ごぼうなどの野菜をたくさん食べるようにします。

逆に、肉類や、脂質類の食べ物ばかり食べると、悪玉菌が増えて、臭いおならの原因になります。

その他にも、ストレスにより胃腸が弱くなってしまい、腸内にガスがたまり、排出されにくくなると臭くなることがあります。

便秘や下痢が原因でも、おならが臭くなることがあります。

腸内に不要なものが溜まっていたり、雑菌のために臭くなります。
スポンサーリンク

よく出るおならを改善するには?

おならが良く出てしまい、外出先などでガマンをすることで、ガスがたまってお腹が張ってつらい思いをすることがあります。

おならがたくさん出てしまう場合には、どうしたら良いでしょう。

もし、食べ物が原因の場合は、ガスがたまりやすい食べ物を控えるようにします。

また、腸内環境を整える食べ物を、積極的に食べるようにして、便秘なども解消しましょう。

消化の良い食べ物を食べましょう。

もし、空気を飲み込みすぎている場合は、ストレスなどを抱えていないかどうかちょっと省みてください。

空気嚥下症(くうきえんげしょう)という病気が原因の場合もあります。

これは、唾液を飲み込むときに、空気も一緒にたくさん飲み込んでしまうもの。

精神的に緊張状態であったりする時に、起こることがあります。

たくさん空気を飲み込んでしまうため、げっぷもおならも出やすくなります。

空気嚥下症の場合は、消化器科で相談してみましょう。

ストレスをためると、腸の働きが鈍くなることがあります。

適度な運動をすることで、気分もスッキリしますし、体の代謝もよくなります。

汗をかいて、水分をたくさんとることで、老廃物も出やすくなります。

喫煙やアルコールも控えたほうが、良さそうです。

まとめ

おならが出すぎかと思っても、1-20回程度ならば正常の範囲です。

おならが出すぎたり、くさいおならが出る時は、腸内環境を見直してみましょう。

便秘が原因の場合もあるので、規則正しく排便をする癖をつけましょう。

食生活の改善には、腸内環境を整える食べ物を、積極的にとるようにします。

ストレスが原因の場合もあるので、ストレスをなくし、健康的な生活を心がけましょう。

スポンサ―リンク