スポンサ―リンク

%e6%97%a5%e5%85%89日光に当たるのは健康的で良いことと言われていましたが・・・。

紫外線が年々強くなるせいで、日光に当たることが健康的とは言われなくなってきているようです。

日光にあたることで、湿疹ができる病気が近年増えているのも、気になります。

スポンサ―リンク


日光湿疹とは?

手や首などに、湿疹ができて、何だろう?と思い当たる人がいたら、それは日光湿疹かもしれません。

日光に当たることで、皮膚に湿疹ができたり、痒みがでたりするのが、「日光湿疹」と言われる病気です。

日光に当たりやすい、顔や手、首などに湿疹ができます。人によっては痒みを感じることもあります。

日光に当たることが原因で起こる、皮膚病のひとつです。

日光湿疹とひとことで言っても、原因は様々であることが多いです。

病気の治療で飲んでいる薬が原因の場合もありますし、塗り薬や湿布、アロマオイル、香水などを塗った肌が原因になることもあります。また、ビタミンB1やB2、ビタミンCが不足している場合でも、起きることがあります。

光線過敏症と呼ばれる病気では、日光にあたると蕁麻疹が出たり、皮膚の赤み、腫れや、かぶれを起こすアレルギー症状が出ることもあります。

原因は様々ですが、いずれも日光に当たることで起こる皮膚病のため、日光湿疹として、扱われます。

日光湿疹はなぜおこる?

日光にあたることで、何故皮膚が過敏になってしまうのか、原因はまだちゃんと分かっているわけではありません。

ただ、日光に含まれる紫外線という電磁波が、日光湿疹のひとつの原因ではないかということが、分かっています。

紫外線は、目には見えませんが、肌をはじめ人体に様々な影響を与えています。

近年では、紫外線を浴びすぎると癌になるとも言われて、紫外線対策が叫ばれているので、ご存知の方も多いと思います。

紫外線の波長には、
  • UVA(A波)
  • UVB(B波)
  • UVC(C波)
の3種類があります。

その中で、UVA(A波)は、長時間当たると肌にメラニンを蓄積し、肌の老化を促進したり、健康を脅かすこともあります。

UVB(B波)は日焼けやしみの原因、皮膚癌の原因になると言われています。

日光湿疹が起きる原因を調べるには、皮膚科で医師に相談したり、光線過敏症テストなどもあるので、受けてみると良いかもしれません。

以前は何でもなかったのに、突然アレルギーを発症することもあります。

日光湿疹の症状がなくても、普段からUV対策をしておくのは、肌のために良いでしょう。
スポンサーリンク

日光湿疹の対処はどうすればいい?

日光湿疹ができてしまうと、治るまでに時間がかかりますし、腫れやかゆみなどがあると、不快感でつらい思いをします。

ですので、日光湿疹は、肌が日光にできるだけ当たらないように、日常で予防をするようにしましょう。

外出するときは、長袖や長いパンツなどで、できるだけ肌の露出をなくしたり、つばの広い帽子や、日傘、手袋などを持ち歩きます。

それにプラスして、UVクリームもしっかり塗るようにします。

UVクリームでも、肌の弱い人はかぶれを起こすことがあるので、肌にあったものを探してみてください。

他にも服用できる、予防薬というのもあります。

室内でも紫外線を浴びていることがありますので、日中は室内でも、紫外線クリームを塗るようにします。

日光湿疹は治る?

日光湿疹は、原因が食べ物であったり、薬だった場合は、それを減らせば症状は減るでしょう。

できれば皮膚科などに相談し、湿疹の原因を調べてもらうと良いでしょう。

アレルギーの場合は、完治するのは難しいかもしれません。

症状が起こらないようにUV対策をしつつ、ビタミン補給をしたり、症状が軽減するような食べ物を積極的に撮る様にしましょう。

まとめ

日光湿疹の原因である紫外線は、できるだけ浴びないように日常で気をつけるようにする。

症状が頻繁に起こる場合は、皮膚科で原因を調べてもらい、対策をしましょう。

スポンサ―リンク