スポンサ―リンク

%e8%85%8e%e8%87%93血液検査で調べることができる「クレアチニン」。

このクレアチニンの数値が高いという場合は、尿の中に高い濃度で存在しているということです。

数値が高い場合、体のどんなところに、疾患があるサインなのでしょうか。

スポンサ―リンク


クレアチニンとは?

クレアチニン(CRE)というのは、アミノ酸の一種で、筋肉を使うときにエネルギーとして使われたものの老廃物なのです。

通常は腎臓でろ過されたものが、尿と一緒に体外に排出されます。

クレアチニンの数値が高くなるということは、腎機能に問題があり、クレアチニンが腎臓できちんとろ過されずに、血中に排出されてしまいます。

そのため、高い数値が出てしまうという事になります。

血液中に含まれる、クレアチニンの数値を見ることで、腎機能がきちんと働いているかどうかの、目安となります。

逆に検査の数値が低い場合でも、体に疾患がある場合があります。

腎機能を診るクレアチニンの正常値は?

クレアチニンの基準値は
  • 男性0.5~1.1mg/dl
  • 女性0.4~0.8mg/dl
基準値は、機関によって異なりますので、大体の平均値になります。

筋肉を使うときに使われるものなので、筋肉量の多い男性のほうが数値は通常高くなります。

また筋力が衰えると数値も低くなります。

妊婦さんの場合は、通常クレアチニンの数値が低くなります。

また、脱水症状の場合にも、数値が高くなることがあります。

数値を測る前に、筋肉を使うなどの運動をした場合にも、数値があがることがあります。

危険な数値は?

クレアチニン値は、1.2mg/dl以上になると、数値が高めということになり、ちょっと気にしておく必要があります。

更に、1.5mg/dl以上になっている場合は、原因を調べる必要があるでしょう。

腎臓の疾患がある可能性があります。

腎不全になると、2.0mg/dl以上になることがあります。
スポンサーリンク

クレアチニンの値が高い場合に疑われる病気は?

クレアチニン数値が高い場合に疑われる病気には、腎臓の機能に何らかの原因がある可能性があります。

腎臓病、急性腎炎、腎不全(慢性、急性)、腎結石、尿路結石、尿路閉塞疾患、腸閉塞など。

また逆に、数値が低い場合にも疾患がある場合があります。数値が0.3mg/dl以下の場合は、何かしら腎臓の病気があると疑われます。

数値が低い場合に疑われる病気は腎硬化症、低下糸球体腎炎、糖尿病性腎症など。

腎臓は、疾患があっても自覚症状が出にくい病気です。

数値が基準値よりも低かったり、超えている場合には、きちんと原因を調べてみましょう。

まとめ

クレアチニン値は、高くても、低くても良くありません。自覚症状があるなしに関わらず、気になる場合は原因を調べてもらいましょう。

また、基準値よりも大きく数値が異なる場合には、精密検査を受けることをお勧めします。

スポンサ―リンク