はなじ血小板は、出血があったときに、傷口に集まって血を止めるという、体の中で大切な役割を担っています。

血小板の数値が高いと、出血後の血は止まりやすいですが、血液が粘性であるとも言えます。

血小板が基準値よりも低いと、血液はさらさらなのですが、血が止まりにくくなります。

基準値よりも、数値が少ない場合は、何かしら病気が隠れている可能性があります。

スポンサ―リンク


血小板の基準値とは?

血小板の数値は、高くても、低くても良くありません。

血小板はPlatelet。pltと略されて記載されます。

血小板の基準値は、μl(マイクロリットル)という単位で表します。

1μl(1マクロリットル)は、1000分の1リットルの量です。

血小板の基準値は、機関によって異なりますが、1マクロリットルの血中に大体13万~35万/μlとなっています。

血小板の基準値については、男女同じ数値になっています。

数値は男性のほうが若干女性よりも、数値が高い人が多いようです。

血小板の基準値が低い場合の原因は?

血小板の数値が高い場合は、血液がドロドロした状態であることや、血液の病気である、骨髄性白血病や、多血症などが心配されます。

逆に、血小板の基準値が低いと、出血を止めにくくなります。

体に気が付いたら、紫色の内出血がいくつもあったり、鼻血が出たり、歯茎から出血するといったこともあります。

血小板の数値が低い原因は、血小板を作る機能がちゃんと働いていない場合があります。

その場合は、血液を作り出す骨髄の病気が疑われます。

その他に原因には、薬によるものや、ストレス、細菌やウィルス感染によっても、血小板が現象することがあります。
スポンサーリンク

どんな病気が考えられる?

血小板の数値が低い場合には、赤血球、白血球値、肝機能を表す数値もあわせて見ます。

肝炎や肝硬変が進行した場合は、血液の流れが停滞し、血小板が減少します。他には貧血などの場合にも、数値が低くなります。

疑われる病気には、
  • 肝炎
  • 肝硬変
  • 再生不良貧血
  • 急性白血病
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 血栓性血小板減少性紫斑病
  • 敗血症
  • 感染症
  • サルコイドーシス
  • 悪性腫瘍
  • 先天性血小板減少症
など。

血液さらさらは良いことばかりではない?

成人病予防のため、血液はさらさらにしようという言葉を良く耳にします。

血液はどろどろの状態だと、血栓ができたり、血管を塞いでしまうことが
起きてきます。

そのため、血液をさらさらにしようと叫ばれているわけです。

血小板数値が低いと、凝固作用が弱く、さらさらということになりますが、凝固作用が弱すぎても、出血を止めることができなくなります。

数値が5万/μlを割った場合には、日常生活にも支障がでてくると思います。

数値が基準値よりも大きく割っている場合には、精密検査が必要になります。

まとめ

血液検査で、血小板の数値が低かった場合には、日常生活で、出血しやすかったり、血が止まりにくいことがあるかどうか、思い当たることがあれば、原因を調べてもらいましょう。

スポンサ―リンク