スポンサ―リンク

出血する子供血液検査をしたときにわかる、血小板の数値ですが、基準値よりも高い場合には、どんな意味があるのでしょう。

何かの病気のせいで、高くなっているということもあるのでしょうか?

スポンサ―リンク


血小板の基準値とは?

血小板の基準値は、μl(マイクロリットル)という単位で表します。

1μl(1マクロリットル)は、1000分の1リットルとなります。

血小板の基準値は、機関によって異なりますが、13万~35万/μlとなっています。

血小板のはたらきとは?

血小板の働きとは、体に傷ができ血管から出血が起こったときに、その破損した部分に集まって、止血をするという働きをしています。

外から見える出血の場合は、血が止まって傷口が固まってかさぶたになるのがわかります。

このかさぶたは、血小板が集まってできたものです。

血小板が少ないと、怪我をしてもなかなか血がとまらない、ということが出てきます。

血小板が多いということは、止血する力も強くてよいことのように思われますが、多すぎても良いというわけではないようです。

血小板が多いということは、血液の凝固作用も強いということになります。

血小板が血中に多いというのは、血がさらさらではなく、ネバネバ、ドロドロした血液が多くなっているということになります。

ドロドロ血液が体に悪いことは、たくさん書かれているので、ご存知の方も多いと思います。

ドロドロ血液は詰まりやすく、脳梗塞や心筋梗塞などを起こす原因にもなりかねません。

血小板の基準値が高い場合の原因は?

血小板の基準値が高かった場合ですが、体質的にもともと高いという人もいるようです。

運動をした後に測定すると、数値が高くなることもあります。

嘔吐や下痢などの、脱水症状の場合にも数値が高くなることがあります。

または、何かの感染症にかかった場合は高くでることがあります。

風邪やインフルエンザにかかったときにも、数値は高く出る場合があります。

数値が基準値よりも、多少高いという場合は、それほど心配をしなくても良いでしょう。

数値が5万以上になる場合は、きちんと原因を調べる必要があります。
スポンサーリンク

血小板の数値が高いと、どんな病気が考えられる?

数値が基準値よりもかなり高い数値を示す場合には、何かしらの疾患が原因になっていることもあります。

血液の病気で、血液のがんともいわれる、骨髄性白血病は、血小板が高い数値を示し、白血球の数値も高くなります。

また多血症という、赤血球が増殖する病気も同じく、数値が高くなります。

血小板増加症は、血小板が血中に増えて、血液がドロドロになってしまう病気です。

血栓を作る原因になります。

まとめ

血小板は、体に出血がおこったときに、修復をしてくれるという、とても大切な役割を担っています。

数値が高くても、少なくても健康に影響してきます。

基準値より多少高い、低い場合は様子をみるだけでよいですが、基準値よりもかなり高いという場合は、一度原因を調べてもらいましょう。

放置しておくと、血栓を引き起こす原因となるかもしれません。

スポンサ―リンク