スポンサ―リンク

ひとみ健康診断の際に眼の圧力を測るという検査があります。

眼圧検査とは、眼球を外から押したときに、それを押し戻す力がどのくらいかを計る検査です。

眼圧に変化があると、緑内障や、網膜剥離などの病気の早期発見に役立ちます。

初期には自覚症状がない病気の発見にも、眼圧検査は有効です。

スポンサ―リンク


眼圧の正常値は?

眼球は、房水(ぼうすい)という体液の中にあり、この中で保たれています。

眼に栄養を運ぶという働きをしているものです。

眼圧というのは、房水の圧力を測ることを指します。

バランスがきちんと取れていれば、正常値を保てるのですが、房水が増えたり、減ったりすることで、眼圧の数値も変ります。

眼圧の正常値は、10~20 mmHgです。

眼圧の数値が高い場合、視神経を圧迫し、視力の低下がおきたり、ものが見えにくくなったりします。

視神経を圧迫し続けると、視野の中の一部分だけが見えなくなったりするようになります。

放っておくと、見える部分がどんどん少なくなっていきます。

眼圧の平均値は、人種によっても異なるようですし、気温が高いときと、低いときにも変化がおこります。

血圧や、他の病気によっても変化がおこることがありますし、近視や遠視などによっても、変化をします。

眼圧検査の方法は?

眼圧検査には、いくつかの方法があります。

いずれも痛みなどはなく、数分で終わる検査になります。

ゴールドマン眼圧計

最も精度が高く、一般的に行われている眼圧検査です。

検査の前に、点眼薬で麻酔をしてから行います。

眼圧計を直接眼にあてて、測定をします。

シェッツ眼圧計

点眼薬で麻酔してから行います。

ゴールドマンは座って受けますが、シェッツは仰向けに寝たまま眼圧計を角膜に当てて、眼圧を測ります。
スポンサーリンク

空気眼圧計

空気を眼球に吹きつけて、角膜のへこみ方を見て測定する機械です。

麻酔の必要もなく、機械が角膜に触れることがないので、眼圧検査が恐いという人でも、安心して受けられます。

健康診断では、この空気眼圧系が含まれることが多いです。

その他にも、圧平式眼圧計トノペン、パーキンスなど。

センサーを使って測定する、小型の眼圧計などがあります。

眼圧検査だけではなく、隅角検査や眼底検査とあわせて、より詳しく調べることもあります。

眼底検査では、血管の様子や網膜の異常なども、見ることができます。

眼圧検査でわかることは?

眼圧が基準値よりも、高い、低い場合に疑われる病気には、どんなものがあるのでしょうか。

眼圧が高い場合

  • 緑内障
  • 高眼圧症

眼圧が低い場合

  • 網膜剥離
  • 虹彩毛様体炎
基準値よりも高い、または低い場合は、精密検査で詳しく調べることになります。

まとめ

眼の病気は、自覚症状がない場合が多いのです。

失明の原因となる緑内障の早期発見にも、眼圧検査はとても役に立ちます。

加齢とともに、発症するリスクが高くなりますので、40歳を過ぎたら、定期的に眼圧検査を受けてみると良いでしょう。

スポンサ―リンク