腹囲測定メタボ検診が義務付けになると同時に、メタボリックシンドローム基準が設定されるようになりました。

その基準の中で、腹囲が男性は85cm、女性は90cmを超えると、メタボリックシンドロームに当てはまるとされています。

その数字が決められた根拠とは、どんなものなのでしょう。

スポンサ―リンク


男性の腹囲 85㎝がメタボの根拠は?

メタボ検診は、2008年4月1日から、厚生労働省により義務化された検査です。

40歳以上が対象となり、メタボリック症候群に該当するか、または予備軍であるかなど、健康状態を把握することができます。

メタボと診断される基準には、
  1. 腹囲(男性85cm以上、女性90cm以上)
  2. 血糖値(空腹時血糖値100mg/dl以上またはHbA1cが5.2%以上)
  3. 高脂血症・脂質異常症(中性脂肪150mg/dl以上またはHDLコレステロール40mg/dl未満)
  4. 血圧(収縮期血圧130mmHg以上または拡張期血圧85mmHg以上)
上記4つのうち、1が該当する場合は、2-4のうちの1つが該当する場合は、メタボ要注意と判断され、保健指導の対象となります。

1が該当し、2-4のうち2つ以上が該当する場合は、メタボリックシンドロームと診断されます。

腹囲男性85cm以上の根拠は、内臓脂肪面積を計る目安として、この数字が設定されました。

実際に、内臓脂肪を測るためには、CTを使う必要があります。

内臓脂肪面積が100cm2を超えると、高血糖・脂質異常・高血圧が多く見られます。

腹囲男性85cm以上というのは、目安であり、該当するからといって、内臓脂肪が多いという訳ではないため、疑問視する声も多くあります。

この数字ですと、かなり多くの人が要注意となってしまうからです。

身長との関係は?

身長が高く、180センチ以上ある人の腹囲が85cmあったとしても、肥満や、内臓脂肪が多いとは思わないでしょう。

逆に身長が150センチと低く、腹囲が85cmという人もいるかもしれません。

身長も様々なのに、腹囲だけを基準にするのも、ちょっと変なような気もします。

BMI数値などもあわせて、判断するようにします。
スポンサーリンク

腹囲の測り方は?ウエストとの違いは?

腹囲というと、ウエストの一番細いところかと思いますが、腹囲は大体へその位置を基準に測ります。

ただ、へその位置が、高い人もいれば、低い人もいます。

正しい位置は、肋骨の一番下の部分と、腰骨の出っ張った部分のちょうど真ん中ぐらいの位置になります。

へその上を巻尺が通るように、左右水平にして測ります。

計測は立って、息を軽く吐いて行います。

腹囲が大きい原因は?

腹囲が大きいと、内臓に脂肪が蓄積していると考えられます。

内臓脂肪は、年を取るごとに自然と蓄積されるものです。

加齢により、筋肉が衰えたり、運動不足になったりするためとも言われています。

内臓脂肪が多いと、生活習慣病を持っている可能性が高くなります。

もちろん、筋肉質で腹囲が大きいという人もいますので、一概には判断できませんが、多くのデータから割り出した数字となっています。

まとめ

男性の腹囲 85㎝以上というのは、内臓脂肪を測定するひとつの目安です。

とはいえ、該当するからといって、必ずメタボという訳ではありません。

血糖値、高脂血症、血圧の数値と合わせて、メタボ予備軍か、メタボに該当するかを判断します。

スポンサ―リンク