スポンサ―リンク

臓器血液検査の結果で、GPTやALTという項目があります。

GPTというのは、肝臓に関する数値であることは、何となくわかっていますが、実際どんなことを示す数値なのでしょう。

GPTが高いと、どんなことに注意をしたらいいのでしょう。

スポンサ―リンク


肝臓GPT(ALT)とは?

肝臓GPT(ALT)とは、肝臓にある酵素のことです。

GPTとは、グルタミン酸ピルビン酸転移酵素

ALT=アラニントランスアミナーゼという名前ですが、今後はGTPはATLという名前に変更されるのではないかと言われています。

通常は肝臓内にとどまっているのですが、細胞が破壊されることにより、酵素が血液中に漏れ出してしまっている状態です。

血中から検出されるGPTの数値が高いほど、肝臓の細胞がダメージを受けているということになります。

肝臓GPT(ALT)が高い原因は?

肝臓GPT(ALT)の基準値は35IU/L以下となっていますが、30以上になると、肝臓に何か異常がある可能性があると言われています。

肝臓GPT(ALT)が高くなる原因としては、急性肝炎や、ウイルス性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝などが疑われます。

GPT(ALT)は、GOT(AST)アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼとの数値と比較してみることが多いです。

それぞれの数値をくらべることで、原因を特定することができます。

GPTとGOT、どちらも高い場合は、ウイルス性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝などの可能性があります。

急激に数値が上がる場合は、急性肝炎の可能性があります。

肝臓の病気でも、GOTのほうがGPTよりも高い場合は、肝硬変や肝臓がん、心筋梗塞の疑いがあります。
スポンサーリンク

肝臓GPT(ALT)を下げるには?

肝臓GPT(ALT)の数値が高い場合は、まずはその原因をきちんと調べてもらいましょう。

肝炎であった場合は、しかるべき治療を早急に行う必要があります。

また脂肪肝などの場合は、肝臓に良いとされている食べ物を食べたり、肥満気味であれば、適度な運動をしたり、食生活の見直しも必要です。

暴飲暴食を控える、アルコールを控えることも大切です。

肝臓に良いといわれている、牡蠣、レバー、しじみ、豆腐、野菜などを積極的に食べましょう。

調理方法は、油をなるべくつかわない、蒸し物やスープなどにするのもお勧めです。

あまり数値が高い場合は、お医者さんから生活の指導を受けることもあるかもしれません。

健康診断で肝臓の数値が気になる!下げる方法は?

まとめ

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれており、病気になっていても、自覚症状がなかなか出ません。

自覚症状が出たときには、手遅れなんていうこともあります。

数値が高かったら、これを機会にきちんと調べてもらいましょう。

スポンサ―リンク