女の子とウイルス血液検査をすると、体の色々なことがわかります。

WBC値というものも、体の変化や状態を示すサインとなります。

WBC値が基準値よりも高かった場合、または低かった場合には、どんなことに気をつけたらいいのでしょうか。

スポンサ―リンク


血液検査のWBCとは?

WBCとは、血液中にある白血球の値を示す数字です。

白血球は、血液の中を通って全身に行き渡ります。

白血球は、体の中に細菌やウイルスが入ってきた場合、増殖して、細菌やウイルスを体の外に出そうとします。

また体の中で、血液が正常に造られているかどうかを、示す値にもなります。

免疫力が低下しているかどうかも、わかります。

血液がきちんと造られていない場合は、WBCの値が低くなります。

WBCの値の増減によって、体の中で細菌やウイルス感染、炎症反応がおこっているかを知る手がかりにもなります。

不要になった細胞を対外で排出したりなどの仕事もしています。

白血球は、体の中に悪いものが侵入していないか、常にパトロールをしている、とても大事な役割をもっているものです。

血液検査のWBCの基準値は?

血球検査のWBC値の基準値についてですが、各期間が発表しているものに、バラつきがあるようでしたが、大体平均すると、3,200~9,000 μLの間ぐらいになります。

単位のμL(マイクロリットル)のμマイクロとは、1ミリリットルの1000分の1をあらわす単位です。

男性に比べて、女性のほうがWBC値は低めに出ると、されているようです。

WBC値は、高いと白血球がたくさんあっていいという訳でもありませんし、低くてもよくありません。

基準値を外れている場合は、原因を考えてみる必要があります。

また毎年検査で計った数値を比べてみて、基準値内であっても、以前の数値よりも急に下がったということなどがあれば、注意してましょう。
スポンサーリンク

血液検査のWBCが高い原因は?

WBC値が高い数値を示している場合は、体の中で感染が起こっている可能性があります。

急性の感染症と、慢性の場合でも数値が違ってきます。

原因として考えられるものは、ウイルス性感染症、肺炎、気管支炎、結核、白血病、敗血症、膀胱炎、尿毒症、赤血球増加症、腎不全、肝不全、悪性腫瘍などです。

ほかにも、妊娠中であったり、喫煙をよくしたり、激しい運動をした後などは、数値が高くなることがあります。

遺伝で高い人もいます。

まとめ

白血球は体にとって大切なものではありますが、数値が高い場合は、体内で何か炎症や感染が起こっている可能性があります。

自覚症状などの思い当たるものがない場合は、原因を調べてみましょう。

スポンサ―リンク