費用は?健康診断の結果で「再検査」になってしまった項目があった場合、再検査の費用はどれぐらいかかるものでしょう。

再検査の費用には、保険が適用されるのでしょうか。

また、再検査に行かないで放置してしまった場合、自己管理責任以外にも問われるものはあるのでしょうか。

スポンサ―リンク


健康診断の再検査の費用は保険が適用される?

健康診断で、再検査を言い渡された場合には、速やかに検査を受けることをお勧めします。

通常、健康診断や、人間ドッグには、保険は適用されません。

チェックをしてみて、病気の可能性があると判断されて始めて、保険は適用できるということになるのです。

再検査ということは、病気の可能性があるかもしれないということで、保険適用ができます。

ただし、再検査の検査代金については、個人負担になります。

会社で行った健康診断の結果であっても、再検査は個人負担です。

よって、再検査を受ける病院は、自分で選ぶことができます。

もし病気が見つかった場合でも、その後の通院などを考えて病院を選ぶのもよいかもしれません。

健康診断の再検査の費用は?

健康診断の再検査には、保険が適用になるということを書きましたが、実際の検査の金額はどのくらいなのでしょうか。

保険の負担割合については、成人でしたら3割になります。

検査にかかる金額が10000円の場合は、3割だと3000円です。

再検査とはいいますが、健康診断を全てやり直しするわけではなく、異常があると思われる箇所のみ、再度検査をします。

肝機能に問題がありと言われた場合は、肝臓の再検査をします。

血液検査や超音波などの検査となります。

検査費用は約5000円ぐらいです。

CTやMRIを使う場合は10000円程度になります。

胃の異常が疑われる場合は、 胃カメラが15000円、内視鏡をする場合は30000円程度になります。

血液検査は4000円程度になります。

金額は、保険適用外の金額ですので、保険を使えばこの金額の3割ということになります。
スポンサーリンク

再検査は義務?行かないとどうなる?

年に一度の健康診断の実施は、国より会社に義務付けをされています。

再検査については、実施義務は会社にはありません。

ですが、社員の健康管理については、会社は管理義務を持っていますので、再検査を受けない社員に検査を勧めたほうがよいとされています。

再検査については、金額は自己負担になることや、休みを取らなくてはいけないなど、社員にとっても負担になることが多いです。

会社によっては、再検査の場合の病院の紹介や、検査費用の負担などのあるところもあるようです。

労働災害などの問題が起こった場合、もし再検査を受けずに放置したことからおきると、会社にも管理義務の放棄として、賠償を求められることがあるということです。

ということで、自分自身の問題だけでなく、他の人にも責任がでてしまうことも、社会的にあるということで、再検査は必ず受けるようにしましょう。

健康診断で肝臓の数値が気になる!下げる方法は?

まとめ

健康診断の再検査を受けないと、病気の早期発見もできません。

結果を軽く見たことで、後で後悔しないためにも再検査を受けて、スッキリしましょう。

また社会的にも、健康は自分だけの問題ではなく、会社も関わっているということを自覚しておきましょう。

スポンサ―リンク