スポンサ―リンク

健康診断結果健康診断の後、再検査の通知が来た時は、誰でも不安になると思います。

再検査を受ける場合、健康診断を受けた病院で再検査を受けるべき?

もしくは、自分のかかりつけの病院などに行っても良いのでしょうか?

スポンサ―リンク


健康診断の再検査を受ける病院の探し方は?

健康診断を受けて再検査になってしまっても、すぐに落ち込むことはありません。

健康診断では、基準値から外れてしまった場合は、再検査となります。

基準値よりも数値がほんの少し高かったり、低かったりした場合でも、再検査になります。

体調によって、数値が変ることもあるので、再検査をしたら、基準値になっていたということもあります。

かといって、大丈夫だろうと、放っておいてしまうのも良くありません。

再検査は、基本的には自費となりますが、会社での健康診断で再検査になった場合は、会社での指定病院などはあるのか、その際の検査代補助などはあるのか、先に確認してみると良いでしょう。

健康診断の結果は本人に渡されますので、健康診断を受けた病院以外で再検査を受ける場合は、その結果を持っていくようにしましょう。

再検査の項目ごとに病院を変えた方がいい?

再検査の場合は、基本的には自費で、自分で病院を選ぶことができます。

検査によっては、保険の適用ができることもあるようです。

近所にかかりつけのお医者さんがいれば、そちらでもいいですし、専門の病院やクリニックを調べておくのもよいかもしれません。

健康診断を受けた病院で、そのまま再検査を受ける場合は、診断データが残っているので、スムーズでしょう。

再検査の項目ごとに病院を変えた方がいいかどうかについては、複数再検査となっている場合は、大きめの病院で一緒に受けてみたほうが、よいかもしれません。

対応ができない場合は、先生が別の病院を紹介してくれるということもあるでしょう。
スポンサーリンク

再検査と要精密検査の違いは?

「再検査」とは、健康診断の数値が基準値よりも外れていた場合で、再度検査することで、一時的に異常だったのかどうかを確認する検査です。

「要精密検査」となると、常に異常値が出ている可能性があり、その原因を確定するための検査となります。検査内容も、再検査とは異なることもあります。

「要精密検査」と言われた場合は、速やかに検査を受けましょう。検査では何もないという場合もありますし、病気が見つかることもあります。

まとめ

再検査、要精密検査ともに、通知を受けた場合は、再度検査を受けるための病院を探さなくてはいけません。

何かあった場合、通院ができる場所にあったほうが、便利です。

結果については、あまり悲観的にならず、怖がらずに再検査を必ず受けるようにしましょう。

スポンサ―リンク