スポンサ―リンク

風邪気味風邪で熱があったり、咳が出るときなど、体調が悪いとき、健康診断を受けると、結果に影響がでるものでしょうか。

風邪をひいているときは、健康診断を受けてもいいの?それとも受けないほうが良いでしょうか?

スポンサ―リンク


風邪気味の時に健康診断はどうしたらいいの?

健康診断は、できれば風邪気味のときをはじめ、具合の悪いときは避けたほうが良いでしょう。

健康診断は、前日からの絶食をしなくてはいけないです。

たとえば熱があるのに、水分を摂らなかったり、栄養を必要としているのに絶食をしなくてはいけなくなります。

当日の検査によっては、体にも精神的にも負担になることもあるので、体調が悪いとさらにつらいです。

また病院に何時間もいなくてはいけないという場合もあります。

できれば、体調が良いときに受けることをお勧めします。

また、風邪気味であることで、検査結果にも出ることがあります。

どうしても健康診断の日にちを変えられない場合は、診察のときや、問診のときに「風邪気味です」ということを伝えましょう。

何か薬を飲んできた場合にも一応伝えたほうが良いでしょう。

風邪気味の健康診断は結果に影響ある?

風邪気味であっても、健康診断を受けることは可能ですが、風邪気味のときに健康診断を受けると、データの一部が通常の数値と異なった結果が出ることがあります。

1.白血球の数値

風邪気味のときは、白血球の数値が高く出る可能性があります。これは、風邪に抵抗するために、体がたくさん白血球を作っている状態にあるためです。

白血球が高くなると、免疫があがるため、ウィルスなどの外敵から、体を守るという働きをしています。

2.尿検査で異常

風邪の感染の原因が、尿路からきている場合は、尿検査で異常がでることがあります。

3.レントゲンでの異常

風邪をこじらしている場合に、X線で気管支や肺に異常が出る場合があります。風邪のために結果がおかしい場合、再検査をしなくてはならないということもあるかもしれません。

できれば体調の良いときに受けたほうが、精確な結果が得られて安心です。風邪で発熱があった場合は、できれば一週間は様子を見て、その後健康診断を受けると良いでしょう。

スポンサーリンク

風邪薬を飲んできるときは?

風邪薬については、健康診断の当日の朝には、できれば飲まないようにされることをお勧めします。

当日は、水分も摂らないほうが良いとされていますので、薬を飲むとどうしたも、水分を取ることになってしまいます。

風邪薬は、検査の結果には大きく影響はしないようです。

ほかに毎日飲まなくてはいけない薬がある場合は、主治医にどのようにしたら良いか判断を仰ぐようにしましょう。

まとめ

風邪気味のときは、健康診断を受けるのをやめ、完全に治してから、受けるほうが性格な結果を得ることができます。

無理をして検査を受けた後、異常値で再検査になってしまったら、時間もお金もかかることになってしまいます。

できるだけ体調を整えて、検査に臨むようにしましょう。

スポンサ―リンク