スポンサ―リンク

エアコン暑い日には、クーラーがキンキンに効いた部屋に入ると、とっても気持ちがいいです。

ただ、外との温度差がありすぎると、体の調節機能がうまくいかず、クーラー病と呼ばれる不調がでてきてしまいます。

単なる冷え性ではなく、夏バテにも繋がることがあります。

クーラー病にかからないためには、どのように気をつけたら良いのでしょう?

スポンサ―リンク


クーラー病とは?

クーラー病は、冷房病とも呼ばれています。

人間は暑ければ暑さに対応できる、寒ければ、寒さに対応できるようにできています。

暑い季節には、汗をかいたりして体温調節をしたり、寒い季節には、熱を逃がさないようにと、調節が自然にできるようになっています。

それが、日中の暑さの中で動き回ったあと、急に冷房の効いた室内などで過ごしてしまうと、体の調節希望が、対応できずに狂ってしまうのです。

温度差が激しいほど、自律神経がみだれてしまい、体に様々な不調がおこってきます。

一日に何度も、温度差の激しいところを行き来する場合は、体にたくさんの負担をかけていることになります。

便利や快適になった分、自然に逆らっているということが、体にひずみとして出てしまいます。

クーラー病の症状とは?

クーラー病は、自律神経を乱してしまうと言う事は、前述しました。

自律神経というのは、体のさまざまなところに、命令を送る役割をする、重要な神経です。

循環器、消化器、呼吸器を動かしている神経なのです。

この働きが狂ってしまうと、多様な不調が現れてきます。

倦怠感、疲労感、頭痛、肩こり、吐き気、食欲不振、生理不順、不眠、動悸、息切れ、めまい、便秘や下痢など。

イライラしたり、何もする気が起こらなくなったりすることもあります。
スポンサーリンク

クーラー病を予防するには?

クーラー病にかかっているかもしれないと感じたら、まずは体を冷やさないようにすることを心がけます。

温かいものを食べたり、飲んだりする。

ダイエットなどは体を冷やしますので、気をつけましょう。

体があたたまる食べ物を、積極的に摂るように心がけます。

クーラーの風が直接あたる場所は避けたり、オフィスなどで温度調節ができない場合は、冷え対策をします。

ひざかけやカーディガン、靴下、スカーフなど。

家に帰ってから、温かいお風呂にゆったり浸かるなども良いでしょう。

また、座りっぱなしの仕事の場合は、トイレ休憩の時に、ちょっと体を動かして、血の巡りをよくしましょう。

体を動かすことは、自律神経の働きを正常にします。また、筋肉を使うと、体内に熱を作りますので、冷え対策にはとても良いです。

温度差が激しいと、体に負担をかけるので、外との気温差は5度以内にするのがベストです。

まとめ

クーラー病は自律神経の働きが乱れて不調が現れます。

温度差の激しいところを行き来する場合は、体を冷やしきってしまうことのないよう注意しましょう。

スポンサ―リンク