スポンサ―リンク

エコー体の外部から機械を使って、体の中の様子を見る検査には、X線やCT、エコーなどがあります。

人間ドッグの中でも、腹部エコーは良く利用される検査です。

腹部エコーをすると、体の中のどんなことがわかるのでしょう。

腹部エコーで発見できる病気をまとめてみました。

スポンサ―リンク


腹部エコーとは?

腹部エコーとは、超音波を使って、その波形により体の異常を探し出すものです。

X線とは違い、被爆をすることもないので、安全に受けられます。

妊婦さんが赤ちゃんの様子を見るために、検診でも腹部エコーをするのが一般的です。

体の中に、異常があると、エコーの波形が通常とは違い、歪んだ形で映し出されることがあります。

体の中にできた、ポリープや腫瘍、結石などを探し出すこともできるのです。

腹部エコー検査は、何と言っても体に負担をかけません。

お腹にジェルを塗り、その上に機械を滑らせるだけです。

痛みも刺激も全くありませんし、緊張したり、恐いということを感じさせることがないので、精神的な負担もありません。

腹部エコーでわかることとは?

腹部エコーでは、腫瘍や結石を見つけ出すのに、有効とされています。

腫瘍や結石の大きさなども、見ることもできます。

腫瘍は白い影になり、結石は黒い影になって映ります。

病気になっていても、自覚症状が出にくいといわれる内臓の臓器も見ることができますので、病気の早期発見にも役立ちます。

心臓、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、子宮、卵巣、甲状腺、前立腺など、これらの臓器を観察することができます。

また、発見できる病気としては、

肝臓がん、肝硬変、脂肪肝、肝内結石、肝嚢胞、胆嚢がん、胆嚢ポリープ、胆石、膵臓がん、膵のう胞、膵臓腫瘤、腎臓結石、腎のう胞、腹部大動脈瘤などなど。

多くの病気を発見できます。

ただし、腹部エコーでも、内臓の影になっていたり、裏側の部分ですと映し出すことができない部分もあります。

たくさんのことがわかりますが、これだけで安心という、万能な検査という訳ではありません。

他の検査と合わせて、総合的に判断することになります。

腹部エコーにかかる費用

腹部エコーにかかる費用は、健康保険を使うと5,000円ちょっとです。

3割負担ですと、1600円程度になります。

この他に、診察料などもかかりますし、何かしらひっかかると、追加検査や薬の処方代などもかかることがあります。

5000円ぐらい用意していけば、安心です。
スポンサーリンク

腹部エコーにかかる時間は?

腹部エコーにかかる時間ですが、実際にブローブを体の上に動かして見る時間は10分程度です。

何か気になるところがあれば、じっくり観察しますので、20分ぐらいかかることもあります。

上半身を出して横になりますので、検査の日は、着脱しやすい服で行きましょう。

すぐにまくれる、ゆったりとしたシャツなどがオススメです。

お腹周りもすぐにずらせる、伸縮性のあるズボンやスカートが便利です。

体にピッタリとした服ですと、全部脱がなくてはいけないので、時間がかかります。

また、ガードルなど、体を締め付ける下着は、つけないで行きましょう。

ゼリーを塗るときにちょっとひやっとするぐらいで、他に特別刺激はありません。

あとは横になって、リラックスしているだけで終わります。

横向きになることを指示されることもあります。

健康診断で肝臓の数値が気になる!下げる方法は?

まとめ

腹部エコーをすると、内臓のたくさんの状態を知ることができることが分かりました。

健康診断の必須項目ではないのは残念ですが、機会があれば、任意で調べてもらっても良いでしょう。

料金の負担も、比較的軽いです。

スポンサ―リンク