スポンサ―リンク

アレルギー眼と鼻子供にアレルギーが疑われるとき、一体何科を受診すれば良いのでしょう。

食べ物でじんましんが出たら、小児科?

鼻水やくしゃみだったら耳鼻科?

目のかゆみは眼科?

さらに、複数症状がある場合は、どこにかかったら良いのでしょう。

スポンサ―リンク


子供のアレルギーで受診する前に

もしかすると、子供はアレルギーかもしれない・・・と思ったら、きちんと調べてもらったほうが、つらい思いを長引かせずにすむかもしれません。

アレルギーで病院を受診する場合は、できればアレルギーについての専門医がいる病院を選んだほうが安心です。

アレルギーの専門医は、学会の試験をパスしたお医者さんで、アレルギーに対しての、専門的な知識も豊富です。

また、アレルギーの患者さんを治療してきた経験も多いです。近所に専門医がいないか、調べてみましょう。

病院によっては「アレルギー専門科」という科を設けているところがあります。

薬の処方だけでなく、生活の中でどんなことをしたら症状が改善するか、専門医の指導を受けることができます。

受診前に、子供に疑われるアレルギーについて、いつから、どんな症状がおこっているのかを、まとめておきます。

例えば、喘息のようなゼイゼイという音のする呼吸音がする場合、
  • いつからはじまったのか
  • どれぐらいの頻度でおきるのか
  • おこる時間帯
  • 原因についての心当たり(ペット、植物、食べ物など)
  • 過去にかかった病気等
スポンサーリンク

アレルギーを取り扱う科について

アレルギー専門科がない病院の場合は、それぞれの症状にあわせた科にかかることになります。

それぞれの科の中にも、アレルギー症状の治療に強いと謳っている病院もあります。

クチコミや評判なども、チェックしてみると良いでしょう。

小児科
子供の病気を総合してみてくれます。

皮膚科
アトピー性皮膚炎や、じんましんなどの治療を行います。

耳鼻咽喉科
花粉症や、アレルギー性鼻炎、耳のかゆみなどの治療を行います。

眼科
目のかゆみや赤みなど、アレルギー性結膜炎などの治療を行います。

アレルギー症状を複数持っている場合は、複数の科を掛け持ちする場合もあります。

アレルギー検査を受けるには何科?

アレルギー検査は、アレルギー科かまたは小児科に相談すると良いでしょう。皮膚科でも行っています。

検査できる項目は多数ありますので、医師に症状を相談の上、検査項目を決めます。

血液検査では、アレルギーを引き起こす原因となる物質に対し、どれぐらい抗体があるのか、数値を調べることができます。

まだ症状がでていなくても、子供の場合は成長するにつれ、アレルギーを起こすものが変ってくる傾向があります。

数値が高いものに関しては、できるだけ原因を取り除くと予防をすることができます。

食べ物アレルギーで、数値が高くでてしまった食べ物については、自宅だけでなく、給食や外での食べ物も気をつける必要がありますね。

6歳から服用できるアレルギーを改善する漢方

まとめ

アレルギー検査を受ける場合は、検査後の治療も考えて、アレルギー科がある病院を受診すると安心です。

アレルギー検査を受けることで、避けたほうが良い食べ物を特定でき、症状が起こらないよう、予防をすることができます。

スポンサ―リンク