スポンサ―リンク

内視鏡検査大腸ポリープは、がんに発展する可能性があるため、ポリープができにくい体にすることが大切です。

大腸ポリープができる原因については、食生活が関係していると言われています。

ポリープができやすい食事というのは、どんな食事なのでしょうか。

スポンサ―リンク


大腸ポリープの原因は?食生活と関係がある?

大腸ポリープは、大腸内視鏡検査で、発見されることがあります。

だいたい40歳を過ぎると、ポリープがいくつかあるということも珍しくありません。

ポリープができてしまう原因には、遺伝も多くあるのです。

大腸がんの親の子供は、大腸がんになる確率も高くなります。遺伝以外ですと、食生活からできることもあるということです。

大腸がんを発生しやすい食生活というのは、ズバリ肉食でした。

豚肉や牛肉を多く食べる国の人には、大腸がんの死亡率が高いというデータがあります。

欧米のような食生活になったため、日本でも大腸がんの発生率が高くなり、現在はがん死亡率の上位に数えられる大腸がん。

高脂肪な食生活を送ると、大腸内に汚れがたまり、ポリープができやすくなってしまいます。

野菜をたくさんたべたり、腸の中をきれいにするような食べ物を食べるように心がけると良いようです。

また、運動不足や、たばこや、お酒の飲みすぎも、ポリープや大腸がんに関係しているということです。

大腸ポリープを早めに見つけるには?

大腸ポリープは、初期は無症状であることがほとんどです。

ポリープが大きくなって、はじめて発覚することはあります。

ですが、その時はすでに手遅れとなっていることも多いのです。

健康診断で、便に血が混じる便潜血も、ポリープが大きくなり、便が大腸を通るのに妨げになることで、起きます。

そこまで大きなポリープになるということは、大腸がんになってしまっていることも多いでしょう。

早期発見をして、適切な治療をすればがんになることはほとんどありません。

ポリープを早期発見するためには、大腸内視鏡検査を受けることで、発見することができます。

特別症状がなくても、40歳を過ぎたら、定期的に検診を受けておくと安心です。
スポンサーリンク

大腸ポリープはどんな治療をするの?

大腸ポリープは、全てが大腸がんになるという訳ではなく、良性のものと、悪性のものがあります。

良性のものは、放置しておいてもがんになることはありませんが、ある程度の大きさになる場合は、切除をしたほうが良いとされています。

悪性のポリープは、放っておくと大腸がんになってしまいます。

検査で、ポリープの種類や大きさなどを判断し、必要であれば、切除をすることもあります。

ポリープが見つかったからといって、悲観することはありません。

初期のポリープでしたら、がんになる可能性があっても切除をしてしまえば、がんになるリスクも回避できます。

ただし、ポリープを取ってしまえば、それで完了するわけではなく、ポリープになりやすい状態であることは自覚しておく必要があります。

ポリープを作らないように、食生活を見直したり、適度な運動をしたり、お酒を控えめにしたり、健康的な生活を、心がけましょう。

まとめ

大腸ポリープは、あっても自覚症状はでませんので、大腸内視鏡検査を定期的に受けるようにしましょう。

またポリープができないよう、腸内環境を整えるような食生活を心がけましょう。

スポンサ―リンク