スポンサ―リンク

子宮がん検査子宮がんの中でも、子宮頸がんは治るがんと言われています。

それは、がんになる前の病変を、検査によって発見することができるからです。

簡単な検査で、時間もとらず、痛みもありません。

定期的に受ければ、安心ですね。

スポンサ―リンク


子宮がんとは?

子宮がんは、がんの出来る場所によって「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分かれています。

子宮頸がん

「子宮頸がん」は、子宮の入り口の部分にできるがんです。

子宮頸部と呼ばれる、膣の奥にある部分です。

ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染により、引き起こされると言われています。このウィルスは性交渉から感染するとされています。

若い人でも子宮頸がんになる可能性はあります。

子宮体がん

「子宮体がん」は、子宮の奥にできるがんです。

子宮内膜がんとも呼ばれます。

子宮体がんは、ウイルス感染ではなく、女性ホルモンに関係していると言われています。

40代以上の女性に発症率が高くなります。

食生活が欧米化したことや、出産経験がない女性、遅い妊娠出産、遅い閉経などが原因になることもあります。

子宮頸がんと子宮体がんの発生率は、子宮がん全体の半分ずつぐらいの割合となっています。

子宮がん検査の方法は?

子宮頸がんの検査方法

子宮頸がんの検査方法は、筒状の器具を入れ、子宮頚部の細胞をブラシなどでこすりとります。

痛みもなく、簡単にできる検診です。

ブラシで擦り取った細胞を直接見ることができるので、子宮頸がんは発見しやすいと言えます。

さらに子宮頸部は、がん細胞になる前には、がんの前段階である病変が現れます。このため、定期的に検査をしていれば、がんになる前段階で、治療をすることが可能なのです。

検査は、その他に問診も行います。

問診では、生理周期や、不正出血がないか、おりものの状態、妊娠や閉経についてなど、質問されます。

必要に応じて、膣鏡での診察をする場合もあります。

子宮体がんの検査

子宮体がんは、子宮の奥にあるため、検査は通常の健康診断などでは含まれていません。

また検査も子宮の奥に器具を挿入するため、痛みや出血などがあります。

子宮頚がんが早期発見できるのに対し、子宮体がんのほうは、手軽に検査をするといったものではないため、がんに発展してしまう可能性が高いようです。

また、子宮頚がんのように、前がん病変といったものが、子宮体がんにはありません。
スポンサーリンク

どんな子宮がん検査を受ければいいの?

子宮頸がんは比較的手軽に受けられたり、集団検診などがあることもあるので、機会があれば受けて見ましょう。

子宮体がんについては、健康診断に任意で追加するか、レディースドッグなど、パックになっているものを購入すると良いでしょう。

40歳以上になったら、定期的に受けておくと安心です。

まとめ

子宮がんでも、できる箇所によって、特徴も異なります。

できれば、子宮頸がん、子宮体がん、両方の検査を受けることが望ましいです。

子宮頸がんは20歳を過ぎてから、子宮体がんは40歳を過ぎてからを目安にして、定期的に受けるようにしましょう。

早期発見ができれば、ほぼ完治できます。

スポンサ―リンク