スポンサ―リンク

鼻をかむ女の子特定の食べ物や、植物などに体が不快な反応をしめすのは、アレルゲンと呼ばれる、アレルギーの元となるものによるものです。

これって、もしかしてアレルギーかも・・・?と思いつくものがあれば、一度検査をして原因を調べてもらうのも良いかもしれません。

スポンサ―リンク


アレルギー検査の方法

アレルギー検査には、血液検査が広く行われています。

血液検査では、それぞれの物質に対するIgE抗体の数値の測定します。

IgEの数値は、どれぐらい高いのか、レベル分けされます。

高い場合には、レベル0~6で表されます。

数値が高いほど、レベルも高く、より抗体が多いとされています。

ただ、数値が高くても、実際にアレルギーの症状が出ていないということもあります。

抗体はあるので、今後アレルギーになる可能性は高いと、考えても良いです。

また逆に、アレルギーの症状があっても、数値が低いということもあります。

血液検査の他にも、皮膚科などでは皮膚の上に、アレルゲンを少量塗布して反応を見る「パッチテスト」、注射をして反応を見る「皮内テスト」などもあります。

食べ物によるアレルギーを判断する、食物負荷試験では、実際食べ物を食べてから、反応を見る検査です。
スポンサーリンク

アレルギー検査の種類は?

血液検査では、たくさんの項目を調べることができます。

飲食により、症状が出る場合には、食物アレルギーの検査を受けます。

食べ物の中でも、調べられる種類は細分化しています。

たまご、牛乳、魚介類、穀物、野菜、果物などの分けの中から、また細かく項目が分かれます。

たまごの中でも、卵白に反応するのか卵黄なのか・・・といったように分かれます。

花粉など、植物からくるものや、動物・虫などからくるもの。細菌が原因である、カビやダニ。

皮膚に反応が出る、アトピーや金属アレルギー。

特定の薬で起こるアレルギーなどなど。

またそれぞれに、花粉の中でもどんな植物なのか、どの時期に飛ぶ花粉なのかなど、細かく調べることができます。

アレルギー検査項目の選び方

アレルギー検査で調べられる種類はたくさんありますが、たくさんの項目を調べれば、それだけ費用も高くなります。

既に症状がある場合、その症状の特定をしたい場合は、医師に相談して、調べる項目を決めると良いでしょう。

「スクリーニング検査」と呼ばれる、一般的に起こりやすいアレルギーに対して、抗体があるのかどうなのかを、調べる検査があります。

一度の血液検査でたくさんの種類を調べられます。

View 36は36種類の項目。

MAST33は、33種類の項目を調べられるパッケージになっています。

内容は食物アレルギー、鼻炎、喘息、花粉、ハウスダストなど。

何に対して、どんな抗体を持っているのかを調べることで、その物質を遠ざけ、アレルギーが起こらないようにするための予防ができます。

6歳から服用できるアレルギーを改善する漢方

まとめ

アレルギー検査で調べられる項目は、数多くあるので、普段アレルギーらしき症状がある場合は、医師に伝えて、項目を選定します。

どんなアレルギーの抗体があるのか、その数値の高さを把握して予防するには、スクリーニング検査のパッケージが便利です。

スポンサ―リンク