乳がん検診乳がん検査にはいくつか種類があります。

それぞれの特性があり、年齢や病気の進行によっても検査を使い分けることがあります。

それぞれの検査方法について、まとめてみました。

スポンサ―リンク


乳がん検査方法はどんなものがあるの?

マンモグラフィ検査

乳がん検査で、良く知られているものといえば、マンモグラフィ検査でしょう。

乳房を板で挟んで、X線撮影をします。

強く挟むために、挟んだときに、痛みを感じます。

撮影は片方につき、1方向または2方向から撮影をします。

触診ではわかりずらいしこりや石灰を発見しやすくなります。

デメリットとしては、X線を使うため被爆が多少あることと、乳腺が発達している人の場合は、分かりにくい点があります。

乳腺エコー検査

乳腺エコーは、超音波装置を使う検査です。

しこりを見つけたり、しこりが両性か悪性かを判断する場合にも乳腺エコーを使います。

マンモグラフィーと併用されることも多いです。

マンモグラフィーのように、挟んだりする痛みや、被爆することはありません。

よって、妊娠中でも受けることができます。

デメリットは、マンモグラフィーと同じく、乳腺が発達している若い方の場合は、病気の判別が難しくなります。

乳房MRI

脳の検査などに使われることで知られるMRIですが、乳房MRIというものもあります。

MRIは磁気を使って、画像として映し出します。

角度や断面図など、詳細の画像を見ることができます。

既に乳房の病気にかかっている場合に、病気の進み具合などを観察することができます。

デメリットは、造影剤を使用することがあります。
スポンサーリンク

乳がん視触診検査

乳がん視触診は、他の検査と併用として行われます。

医師が触診でしこりがないか、リンパが腫れていないかなどを確認します。

デメリットは、小さなしこりの場合は、わからないということ。

要精密検査といわれたら?

要精密検査と言われた場合、自分がガンではないかと疑ってショックを受ける人もいるかと思います。

ですが、必ずしもガンということではありません。

要精密検査と言われた人の中で、実際にがんが見つかるのは、ほんのわずかです。

要精密検査には、疑わしいものがあった場合に言われますが、疑わしいものの中には、ちょっと気になるものから、確実に危ないと思われるものまで、様々です。

少しでも気になる点があれば、要精密検査となるため、再度検査を受けたら何でもなかったという人のほうが、多いのです。

ですので、すぐにショックを受ける必要はありません。

必ず再度検査を受けておきましょう。

検査の結果によっては、事後の経過観察と言われることもあるかもしれません。

まとめ

乳がん検査は、痛みや恐怖感を感じる検査は少ないため、積極的に受けておきたいものです。

乳がんの発症は40歳代が一番多くなりますが、若くても、50歳以上でも発症する可能性があります。

定期的な検査を受けておきましょう。

スポンサ―リンク