スポンサ―リンク

水尿酸値が高い状態が続くと、水に溶けない尿酸は、体の関節などに結晶となって蓄積されてしまいます。
これが、通風や尿路結石を引き起こすことになります。

尿酸値が高くしている原因とは、どんなものがあるのでしょう。

スポンサ―リンク


尿酸値が高い原因は何?体質もある?

尿酸値の高い原因の中には、親からの遺伝ということもありますが、ほとんどは生活習慣からきていることのほうが、多いようです。

肥満の人は、尿酸値も高いと言われています。

偏った食生活は、尿酸を高くする原因のひとつです。

尿酸値を高くする食べ物には、プリン体が多く含まれるものが関係しています。

プリン体を多く含む食品とは、豚や牛のレバーや、肉類、にぼし、干ししいたけ、かつお節、ブリ、エビ、マグロ、卵、大豆など。

一見体に良さそうな、煮干や干ししいたけ、大豆類でも、プリン体を多く含んでいるものがあるのですね。

また、アルコールは種類を問わず、ほとんどがプリン体を含みます。

特にビールはプリン体が多いことは良く知られています。

日々のストレスが多いと、尿酸値を上げると言われています。

また、サプリメントや薬によっても、尿酸値を上げる原因になっていることがあります。

健康のためにと思って飲んでいた「クロレラ」「核酸(DNA・RNA)」「ローヤルゼリー」などは、プリン体を多く含んでいます。

運動も尿酸値を高くすることがあります。

軽い適度の運動でしたら良いですが、激しい運動をして汗を一気にかくと、体の中が脱水状態になり尿酸値があがることがわかっています。

肥満防止のために運動は必要ですが、急激に汗をかくような運動は避けるようにしましょう。
スポンサーリンク

尿酸値を下げるには?

尿酸値をさげるためには、食事のバランスを考えるようにしましょう。

ビールと焼き鳥が大好きな人にとっては、ちょっとつらいかもしれません。

プリン体が多い食べ物はほどほどにし、尿酸値を下げるといわれる海藻類、野菜、果物、乳製品などを摂るようにしましょう。

急激なダイエットをする必要はありません。

プリン体を含む食べ物やお酒を一切避けても、急に尿酸値が下がるということはありません。

時間をかけて、行うことのほうが大切です。

アルコールも、禁酒をする必要はありませんが、量を減らしたり、ビールの代わりに、ワインにしてみたりしてみてはどうでしょう。

また、最近はプリン体ゼロを謳ったビールなども販売されています。

尿酸値が高いことと、肥満が重なると、他の病気を誘発する原因になります。

体に急激な負担にならない運動と、体重管理も必要です。

尿酸を出来るだけ体外に排出し、体の中で結晶をつくらないように気をつけましょう。

尿酸が高い人は、1日二リットル以上の水を飲んだほうが良いのです。

水だけでなく、利尿作用のあるお茶などを飲んでもでも良いです。

尿酸値は自宅でも調べられる?

健康診断で尿酸値が高く出たことのある人は、定期的に尿酸値をチェックして、痛風や結石がおきないように、予防をしておきましょう。

とはいえ、なかなか病院にしょっちゅう通う時間もない方も多いのではないでしょうか。

自宅でも尿酸値が調べられたらと思う人も多いようです。

そんな方にために、自宅で採取した血液を送って調べてもらう、尿酸値チェックキットがあります。

インターネットで注文すれば、自宅に届くので、採血の後キットをまた送り返せば終わりです。

後は結果が自宅に届きます。

病院まで行ったり、長時間待ったりするわずらわしさがありません。

目安として調べる方法に、尿にリトマス試験紙で調べるという方法もあります。

これは、尿がアルカリ性か酸性かという程度にしかわかりません。

酸性だと、尿酸値が出ている可能性があるということです。

数値などきちんと調べる場合には、血液検査となります。

まとめ

尿酸値が一度でも高かった場合には、できれば定期的に調べて尿酸値を基準値内に収める努力をすると安心です。

通風も結石も、とても痛いものですので、ならないように、予防として、尿酸値を下げるように心がけましょう。

スポンサ―リンク