水を飲む健康診断の中にある血液検査で、血清尿酸値が高いと言われたら「高尿酸血症」や「痛風」になっているかもしれません。

ところで、高尿酸血症とは、どんな病気のことを言うのでしょう。痛風は良く聞く病気ですが、どんな原因からなるのでしょう。

スポンサ―リンク


高尿酸血症とは?痛風の違いとは?

高尿酸血症とは、血液検査で尿酸値が7.0mg/dl以上の数値がある場合は、高尿酸血症と診断されます。

体内の尿酸値が高い状態が続いており、そのままの状態が続くと痛風になる可能性を持っています。

なので、高尿酸血症というのは、将来痛風になる予備軍として、自覚をしておかなくてはいけない状態です。

尿酸値が高い状態を放っておくと、ある日突然関節に激痛が走ることがあります。

これは痛風を発症してしまったサインです。

風が吹くだけで痛むということから、その名前がついた痛風は、激しい痛みが特徴です。

また、糖尿病や高血圧などがある場合は、狭心症や心筋梗塞を合併症で起こすことがあります。

尿酸値が高いという結果が出たら、尿酸値を下げるように、食生活や、日常生活の習慣を変える必要があります。

一度痛風を発症してしまうと、尿酸が結晶化して関節や手足の関節に蓄積してが腫れたり、尿路結石などがおきることもあります。
スポンサーリンク

尿酸値が高いと危険?

尿酸値の基準値は、3.0~6.9mg/dlぐらいまでの数値が基準値となります。

女性の場合は、それよりも少し低くなります。

7.0mg/dl以上は高尿酸血症となり、8.5以上になるとその他の合併症にならないよう、注意が必要な数値となります。

動脈硬化を誘発し、脳梗塞や心筋梗塞のリスクが出てきます。

尿酸値にはプリン体の摂取量が影響していることが分かっています。

プリン体は通常肝臓でろ過されて、便や尿、汗などと一緒に体外で排出されます。ですが、体内で消化しきれなかったものが増えると、尿酸値が高くなります。

尿酸値が高い場合は、プリン体をたくさん含む食べ物を避けたり、カロリー摂取量を抑える食事療法。

毎日有酸素運動を生活の中に取り入れる、運動療法。

また、薬物による治療なども行われることがあります。

40代以上の男女に増えるため、生活習慣病のひとつとされています。

水分をたくさんとって、結石などがたまらないように、することも勧められます。

尿酸値が低くても危険?

尿酸値が高い場合、様々なリスクがあることは分かりましたが、尿酸値が低い場合は、どうでしょう?

基準値を下回る、2.9mg/dl以下の場合は「低尿酸血症」と診断されることがあります。

以前は尿酸値が低いという場合でも、問題はないとされていましたが、尿酸値が低い場合には、腎臓の機能がうまく働いていないことが指摘されるようになりました。

他にも、尿路結石や腎結石になるケースもあります。

尿酸値が低い場合には、腎臓の病気が起こらないように注意が必要になります。

まとめ

尿酸値が高くても、まだ体に痛みなどがない場合は、痛風になる前に、予防することができます。

定期的な尿酸値の確認や、食事療法や、運動療法などで、尿酸値を下げるような生活を心がけましょう

スポンサ―リンク