体温計低体温で悩んでいる人が、多くいます。

特に女性で悩んでいる人が多く、体温が34度台しかないという人も!

ところで、人間の平均体温というのはどのくらいなのでしょう。

低体温だと、体にどんな障害がでてきてしまうのでしょう。

スポンサ―リンク


低体温の症状とは?

低体温と呼ばれるのは、36度以下で、平熱が35度台のことを言います。

体温が36度を切ることがあれば、低体温になっている可能性があります。

低体温になるということは、代謝が悪くなり、免疫も落ちてしまいます。

体が冷えている状態ですので、冷えのような症状も出てきます。

頭痛や肩こり、肌荒れがおこることもあります。

また、免疫力が低下しているので、病気にかかりやすくなります。

風邪を引きやすくなったり、感染症にかかりやすくなったりします。

病気になったときの抵抗力が弱いので、なかなか治らず、重症化してしまう可能性も。

不眠症や自律神経失調症などをおこすこともあります。

元気がなく、いつも疲れていたり、アレルギー症状がでることもあります。

代謝が悪いため、肥満の原因になることもあります。

血流が悪くなりますので、老廃物が上手く体外に排出されず、体に毒が留まったままになります。

低体温の改善が必要な理由は?

体温が36.5度前後に保たれている場合は免疫力も高く、代謝も良いので、病気にかかりにくくなります。

低体温の場合は、様々な症状が出てくることは前述しましたが、体に良いというものは、あまりなさそうですね。

体温が35度台になると、ガン細胞が活発化するというデータもあります。

抵抗力がない上に、ガン細胞が活発化してしまったら・・・。

考えただけで、恐ろしいですね。

体温が1度下がるだけで、代謝が12%ダウン。

免疫力は37%もダウンすると言われています。

スポンサーリンク

男性・女性何℃の体温になればいいの?

日本人の体温の平均は、36.89℃なのだそうです。

37度台だと微熱と言われるので、案外平均体温は高いように思った方も多いのではないでしょうか。

大体37度前後に、体温は保たれているということになります。

36.5度から37度ぐらいの体温が、ベストの体温ということになります。

ただし、年齢によって、体温の高さは多少違いがあります。

乳幼児や子供は体温が高く、高齢になると体温が低くなります。

女性と男性の違いによる、体温の違いというのはないようです。

女性はダイエットでエネルギー不足になるため、低体温を引き起こすことが多いため、女性のほうが低体温だと思われるようです。

低体温を改善する方法は?

低体温の人は、まず体を温めるようにします。

冷たい食べ物や飲み物は避けるようにし、冬はあたたかくし、夏場でも冷房を強くしないなど、冷え対策を徹底します。

糖分は体を冷やしますので、甘いものが好きな人は、ほどほどにしましょう。

野菜や果物も、体を冷やすものがあります。

ダイエットで必要な栄養を取れず、低体温を引き起こすことがあります。

無理に食事を抜いたりせず、バランスよく食べることで、栄養失調にならないようにしましょう。

運動をして筋肉を鍛えることで、体温は上昇します。

筋肉量が少ない人は、体温は低めになるのだそうです。

筋トレをする必要はないですが、ウォーキングなどの有酸素運動で代謝をアップすると良いです。

運動はストレス解消にもなりますし、体も元気になりますよ。

まとめ

体温が低いということで、体調を崩すリスクがぐんと高くなるということが分かりました。

自分の平均体温を把握するとともに、体温が低めの人は、体を冷やさないように暖かいものを食べたり、運動をして代謝をアップするようにしましょう。

スポンサ―リンク