スポンサ―リンク

カプセル内視鏡
カプセルを飲み込むだけで検査ができるということで、注目をされている「カプセル内視鏡」。

大腸や小腸の状態を見るのに、苦痛や恥ずかしさがなくなるということで、今後検査を積極的に受ける人も、増えてきそうです。

スポンサ―リンク


カプセル内視鏡とは?

健康診断などで、大腸の再検査が言い渡された後、通常大腸を見る検査には、内視鏡検査が行われています。これは、肛門から内視鏡を挿入し、腸の内部を見る検査です。

鎮静剤などの注射があったり、痛みや恥ずかしさ、恐さといったことから、再検査をするように言われても、躊躇する人も多かったと思います。

そこで登場したのが、カプセル内視鏡です。

小さなカメラの入ったカプセルを飲み込むだけで、小腸、大腸の中をゆっくり移動していきます。

内臓カメラとライトがついていて、腸の中を照らしながら移動していき撮影するので腸の中の様子がよくわかります。

まだ取り扱いのある病院は少ないのですが、今後もっと普及していきそうです。


カプセル内視鏡のメリットは?デメリットは?

カプセル内視鏡のメリットは、やはり飲み込むだけで苦痛がないということです。

X線のように被爆をすることもないですし、内視鏡のように緊張しなくてもいいです。

内視鏡が恐くて、再検査になかなか足が向かないという人も多いかもしれません。

また、検査の間ずっと横たわっている必要もありません。

デメリットは、内視鏡のように、病気の組織を切り取ったりすることが可能ですが、カプセル内視鏡は、映すだけの機能しか持っていません。

さらに、見たい場所にカプセルを留めて、重点的に見るということもできません。

検査終了後は、下剤を服用してカプセルを体外に排出しますが、うまく行かない場合は、カメラが出てこないと言う事もあるかもしれません。

検査前に一度下剤を飲み、検査後にも更に下剤を服用しなくてはいけないため、体への負担もあるでしょう。

最近では改良も進んできており、磁気を使ってカプセルを見たい場所に留めたり、悪いところに、薬を放出できるような機能についても開発中です。
スポンサーリンク

カプセル内視鏡検査の内容は?

カプセル内視鏡は、水で飲み込んだ後、食道、胃、小腸へとゆっくり下りながら毎秒2コマの撮影をします。

従来の検査では判断が難しかった小腸の病気を、発見するのに役立っています。

クローン病の発見や、消化管出血が起こっている場所の確定、小腸の潰瘍、がんなどの発見にも役立っています。

カプセルは使い捨てになっており、約8時間体内を撮影した後、体外に下剤で排出されます。

保険は使える?費用は?

カプセル内視鏡検査は、保険の適用にもなっています。

2014年からは、大腸がんの検査にも、カプセル内視鏡検査が3割負担で保険適用になりました。

自己負担で検査を受けると10万円くらいになりますが3割負担になると、検査金額は約3万円くらいになります。

まとめ

大腸がん検診などで再検査になった場合は、内視鏡に抵抗がある場合は、カプセル内視鏡の取り扱いのある病院をさがして相談してみましょう。

今後、もっと開発が進んで色々な機能を持つようになったら、検査の精神的負担も減りますので、需要もますます増えそうですね。

スポンサ―リンク