スポンサ―リンク

脚40代を過ぎたぐらいから、足の血管が目立つようになったという話をよく聞きます。

内出血をしているようにも見えたり、血管が浮き出てきたり。

特別痛みもないので、単なる加齢によるものかと見過ごしていたら、実は血栓にもつながる、病気のサインであることもあるのです。

スポンサ―リンク


足の血管がボコボコ浮き出るのは?

足の血管がボコボコ浮き出てくるのは、「下肢静脈瘤」と呼ばれる病気です。

これは、足の血液を心臓側に押し上げる時に、逆流を防ぐ弁が、なんらかの原因で、壊れてしまう病気です。

弁が壊れると、血が足のほうに逆流し、血管がぼこぼこと浮き出てしまうという訳なのです。

血は足の血管内をぐるぐる回り続けますので、足がむくんだり、重く感じたり、足の皮膚の色が黒ずんできたり、皮膚が硬くなったりします。

この状態を「一次性静脈瘤」と呼びます。

一次性静脈瘤は、血管がぼこぼこと出てくる他、血管が網のような形に下腿にできるものや、くもの巣のように見えるものもあります。

血が正常に流れないため、そのままにしておくと静脈血管に血栓ができてしまうこともあります。

血栓ができてしまう状態を「二次性静脈瘤」といいます。

血管がつまりやすくなったり、深部静脈血栓症という状態になると、肺動脈塞栓症を引き起こすこともあります。こうなると血液が体に巡らなくなり、命に関わる危険もあります。

「エコノミークラス症候群」も、この状態のことを言います。

足の血管がボコボコする原因は?

下肢静脈瘤になる原因は、あまり歩いたり、走ったりしない人に出ることがあります。

足を動かさないと、血のめぐりも悪くなります。

仕事でパソコンの前にずっと座りっぱなしと言う人は、要注意です!

意識して運動をするようにしましょう。

ウォーキングやジョギングなどもいいですし、時間がなければ足のストレッチをするだけでも違います。

運動不足の他にも、妊娠している時におこることがあります。

これは妊娠中にたくさん分泌される黄体ホルモンによる影響です。

また体重増加で足に負担がかかったり、運動不足になるなど色んな条件が重なってしまいます。

その他、体質的な遺伝でなりやすいという人もいます。
スポンサーリンク

そのままにしているとどうなるの?

下肢静脈瘤は、放っておけば治る場合もありますが、ほとんどはそのままゆっくり進行していくようです。

見た目がちょっと気になるという以外に、痛みなどがある訳ではありません。

そのため、たいしたことがないと、そのままにしてしまう人も多いようです。

血液が逆流したままになると、血管が弱くなり、少しの刺激でも出血を起こしやすくなります。

ビックリするぐらいの内出血がおこってしまったり、しないとも限りません。

治療は、硬化剤という薬を使って、ボコボコになっている静脈を詰まらせてしまう方法です。

行き止まりになってしまえば、血流は正常なほうに流れていくようになります。

弾性ストッキングを着用して、静脈瘤を圧迫し血の流れを整えるという治療法もあります。

また症状がひどい場合には、手術になることもあります。

何科に行けばいい?

下肢静脈瘤の治療は、血管を取り扱う科が専門となります。

血管外科がある病院では、そちらにかかります。

とはいえ、血管外科がある病院は、それほど多くありません。

ない場合は、皮膚科を受診してみましょう。

血管外科がある病院を、予め調べてから病院を訪れても良いでしょう。

まとめ

下肢静脈瘤はひどくなると、見た目にも悪いですし、足を出す服を着たりすることに抵抗を感じるようになります。

痛みはなくても、ひどくなってきたかな?

と感じたら、一度病院を受診してみましょう。

スポンサ―リンク