激おこな男性 女性の更年期については、誰もが知るところではありますが、何と男性にも更年期がある!ということが、最近では知られつつあります。

女性と同じように、ホルモンが少なくなるせいで、体に色々な変化がおこります。

スポンサ―リンク


男性の更年期の症状とは?怒りっぽくなる?

女性の更年期の症状といえば、不眠、イライラ、動悸、息切れ、汗が吹き出る、何もする気が起こらない・・などなど。男性の更年期も、これと同じような症状がでます。

温厚な性格のお父さんが、近頃急に怒りっぽくなった!なんてことがあったら、もしかすると更年期の症状かもしれません。

カッとなって怒鳴ったりすることが多くなったら、周りの人も、ちょっと気にしてあげたほうがいいかもしれません。

仕事に行くのがつらい、朝起きれない、集中力が低下してミスを連発するなんてことがあると、仕事にも影響してしまいます。

肩こりや、体が重い、疲れが取れない、頻尿になるなど、体の症状も出てくることがあります。

こういった症状のことを、加齢男性性腺機能低下症候群。

略して「LOH症候群」と呼んでいます。

男性の更年期の原因は?

男性の更年期の原因は、ズバリ加齢による男性ホルモンの減少です。

男性ホルモンのテストステロンは生殖ホルモンとも言われていますが、これが減少することで、精神的や身体的にも変化が起こってきます。

また、性欲の衰えやED(勃起不全)ももちろん起こってきます。

男性の更年期は、早い人だと40歳ぐらいから。45歳から50歳ぐらいが一番多くなります。

女性の場合は、早い人だと30代から更年期の症状がおこる人もいます。大体は、2年程度で症状は落ち着いてきます。

男性の場合は40代以降、70代ぐらいまで、少しずつホルモンが減ります。よって、何年でよくなるかは、個人差があるようです。
スポンサーリンク

男性の更年期は何科に診てもらうの?

女性の更年期はポピュラーですが、男性の場合は一体病院では何科にかかったら良いのか、考えてしまうでしょう。

まずは受付で症状を話してみれば、該当する科に案内をしてもらえます。

ただ、うつ病のような症状について話すと、精神科や心療内科にまわされてしまうでしょう。

男性の更年期の治療は、泌尿器科になることが多いようですが、病院によっては、泌尿器科の中に男性の更年期を専門に扱う外来もできているようです。

男性の更年期の検査内容は?

まずは患者への問診をします。

LOH症候群であるかないかを調べる、チェックシートなどが用意されている病院もあります。

この問診と、質問チェックシートの結果を照らし合わせてみて、LOH症候群である可能性が高いと判断された場合は、さらに血液検査をします。

血液検査では、男性ホルモンの量や、前立腺の異常や、腫瘍がないかどうかのチェックも行います。

この血液検査の結果、治療が必要と判断された場合は、男性ホルモンを体に補充する治療が行われることがあります。

まとめ

年をとると、怒りっぽくなる・・・というのは、実は男性の更年期の症状だったのかもしれませんね。

本人も、まわりもつらいと思いますので、症状がよくならない場合は、一度診察を受けてみてはいかがでしょうか。

スポンサ―リンク