MRI脳内の健康状態については通常、健康診断では調べる機会がありませんが、脳ドッグについての感心が、高まっています。

脳の血管に異変がないかどうか調べておくことで、脳梗塞、脳腫瘍、動脈瘤などを予防することができます。

スポンサ―リンク


MRIとは?脳ドックで何がわかる?

脳を調べるには、MRI、MRA、CTなどがありますが、これらの違いは、撮影方法にあります。

MRIMRAは、磁気共鳴画像法と呼ばれるものを使用します。

トンネルの中に横たわったまま入り、じっとしているだけです。

撮影は2-30分かけて行います。

トンネル内ではゴンゴンという、大きな音がすることがあります。

音がある他は、痛みや刺激などはありません。

トンネル内には磁気が流れており、体内の断面図や立体画像を撮影します。

脳内の様子も、鮮明に映し出すことができます。

体のMRAを受ける場合、造影剤を使うことがありますが、脳のMRAの場合は、造影剤は使用しなくても大丈夫です。

MRI、MRA、CTの画像で調べることができるのは、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、脳動脈瘤、脳挫傷、血腫などです。
スポンサーリンク

MRAとは?脳ドックで何がわかる?

MRIとMRAは、検査自体は同じなのですが、撮影した画像の処理方法が違うということで、区別されています。

MRIが、脳全般を見るのであれば、MRAは更に違う画像で、詳細を見るといったような感じになります。

血管の状態を詳しく見るのだったらMRAとも言われています。

脳全体の画像から、血管の画像で立体的に抜き出して観察します。

脳動脈瘤、脳内の血管障害を発見するのに役立ちます。

 

CTとの違いは?

MRIとMRAは、磁気や電磁波を使って撮影するものですが、CTは、X線を当てて調べる方法です。

放射線を当てますので、少々ですが被爆することになりますが、最近では少量のX線で、体に影響のないものもあります。

妊婦さんには念のため、お勧めはしていないようです。

詳細な検査をする場合は、造影剤を使うこともあります。

人によっては、造影剤で副作用が出る場合があります。

頭の中を輪切りにした画像から、脳内の出血、腫瘍や動脈瘤を見つけ出すことができます。

検査はMRIやMRAよりも短く、約5~10分程度で終わります。痛みや刺激はまったくありません。

 

まとめ

脳梗塞や脳出血などは、一度起こってしまうと、命の危険を起こす一大事になることになります。

また、麻痺や言語障害などの重い後遺症を残すことも多くあります。

予防や、早期発見のために、機会があれば脳ドッグも受けてみましょう。

スポンサ―リンク