ワイン シャンパン 酒
肝臓の検査で高い数値が出ると、お酒を飲みすぎたせいだと考える人が多いですが原因はそれだけではありません。

自覚症状がなくても肝臓が病気になっていることに気づくことはできるのでしょうか。

スポンサ―リンク


肝臓の働きとは?

肝臓が果たす役割の一つはアルコールなどの有害物質を解毒することです。

しかし、肝臓はそれだけではなく多くの仕事をしています。

体で使いやすいように栄養素を作り変える

食べ物から摂り入れた栄養素はそのままの形で扱うことができません。そのため胃や腸で消化・吸収された後に肝臓に運ばれ体が使いやすい形に作り変えられる。

例えば糖質は胃で粉々になります。そして腸でブドウ糖に分解され、肝臓でグリコーゲンに作り変えられ体のエネルギー源となる。

人体模型

有害物質を解毒する

体内に取り入れられたアルコールや薬などの有害物質を無毒化したり、体内で生じたアンモニアを排出します。

例えば、アルコールは肝臓で有害物質のアセトアルデヒトに分解された後、無毒な酢酸に変えられ、最終的には水と二酸化炭素として排泄される。

脂肪の消化液である胆汁を作る。

肝細胞内でコレステロールを酸化させて胆汁酸を作り、古い赤血球が分解されたときに生じるビリルビンなどを混ぜて、胆汁を作ります。

胆汁は脂肪の消化や吸収に必要な消化液ですが、肝臓はこれを作る際に有害物質の処理も同時に行ないます。

自覚症状はなくても初期症状に気づくには?

肝臓は生命維持に欠かせない臓器ですが、自己修復能力が高く、多少のダメージを受けても働き続けることができます。

そのため自覚症状が出にくく、症状を感じる頃には肝臓が限界の状態に陥っていることもあります。

肝臓のダメージに早期に気づく手がかりは検査の数値しかないので、異常な数値が出たら精密検査受けて原因を調べる必要があります。

肝臓の病気の初期症状には
  • だるい疲れが取れない。
  • 食欲がない。
  • 発熱が続く。
など風邪に似たものがあります。

スポンサーリンク


朝一番で出るのおしっこが紅茶のような色をしている場合は、最もわかりやすいのは病気が進んでいる徴候と考えなければなりません。

これらは、必ずしも肝臓の病気にだと言わけではありませんが、どんなささいな徴候でも見逃さないことが肝臓病の早期発見に繋がります。

次のような症状には肝臓病の疑いがあるかもしれません。
  • 夜によく眠れない。
  • だるい、なかなか疲れが取れない。
  • 朝起きた時の尿の色が紅茶のような色をしている。
  • お酒が好きなのに飲みたくない、まずく感じる。
  • 食欲がない、油こいものを食べたくない。
  • 食べ物のにおいをかいだだけで吐き気がする。
  • 体重が減った。
  • 発熱が続く。
  • 痔になる。
これらの症状が出たなら肝臓病とは言い切れませんが病院で受診が必要です。

健康診断で肝臓の数値が気になる!下げる方法は?

まとめ

自覚症状がないので健康診断で、異常を指摘されても、たいしたことがないと考えてしまうことがるかもしれませんが、仕事や治療で大きな負担になる前に病院に行きましょう。

スポンサ―リンク