人間ドッグの中でも「脳ドック」と呼ばれる、脳の健康状態を調べるものがあります。

脳

MRI等を使うことで、脳に異常がないか調べます。

脳の異変は、悪化すると命に関わることもあります。

脳ドックで、定期的に調べることで、大きな事態を未然防ぎましょう。

スポンサ―リンク


脳ドックの費用はいくらかかる?脳ドックのメリットは

脳ドックでは「脳卒中」と呼ばれる、血管のこぶに血がたまることで、起きる障害の兆候を調べます。

破裂する可能性がある、未破裂脳動脈瘤(血管にこぶができている状態)の発見。

脳動脈瘤の破裂でおこるクモ膜下出血の兆候、血管につまりが原因でおこる脳梗塞の兆候を調べます。

血管のこぶは、放っておくと、死亡したり、寝たきりになったりと、大変なことになります。ですが検査で事前にわかれば、対処する方法も出てきます。

脳ドックの費用は、簡易脳ドッグと呼ばれるものは、2万円から5万円ぐらいの値段で受けることができます。

簡易脳ドッグは、MRI、MRA、頚部MRAなどが含まれます。

簡易脳ドッグの他にも、頚動脈エコーや、脳派の測定、通常人間ドッグで受ける採血や血圧測定、心電図などを一緒に検査するパッケージは、8万円から10万円以上になります。

色々と調べたほうが、隠れた症状を探し出す助けになったり、原因の特定にも必要な情報を、照会できます。

 

脳ドックとは何をするの?

脳ドックで検査する項目は、受ける施設によって変ります。

施設については、社団法人日本脳ドッグ学会のホームページで、全国の脳ドック実施施設を検索することができます。

スポンサーリンク

脳ドッグに含まれる検査項目は、以下のようなものになります。

MRI(磁気共鳴断層撮影)
脳の断面写真を撮り、脳腫瘍、脳の萎縮、未破裂脳動脈瘤、脳の梗塞がないか検査をします。

MRI
MRA(脳血管撮影)
MRIと同じく写真撮影ですが、脳の血管をより細かくチェックできます。脳動脈瘤を見つけたり、血流が細くなっていないかを発見します。

頸動脈エコー
頸動脈に血栓があるかどうかを調べます。動脈硬化がどれぐらい進んでいるか。閉塞、狭窄の程度も調べることができます。

脳波測定
脳が正常に活動しているかどうかを調べます。脳派の異常から、脳腫瘍、脳梗塞、痴呆、てんかんがあるかを調べることができます。

心電図
心房細動に異常がある場合は、脳梗塞になりやすいため、不整脈が出ていないかを調べます。その他、血圧測定、血液検査、尿検査があります。

 

脳ドック受ける適正年齢はある?

脳ドッグは、成人病が多くなる40歳以上の方にお勧めと言われていますが、適正年齢というものはありません。

若い人でも膜下出血がおきることがあります。

人間ドックとあわせて機械があれば、脳ドッグを受けてみるのも良いでしょう。

気になる症状がある場合は、年齢に関係なく、脳ドッグを受けてみてください。

頭痛、耳鳴り、めまい、手足のしびれ、指がしびれたり物がうまくつかめない。

視覚障害、頚や肩こり、まっすぐに歩けなかったり、直線が引けない、物忘れが激しい等。

 

まとめ

脳ドックにかかる費用は決してお安くありませんが、隠れていいる脳の異変に気づいて早めに対処することができます。

自治体によっては、脳ドックの費用を補助する制度もありますので機会があれば受けられるといいですね。

スポンサ―リンク