尿の色がいつもと違う・・・と気になったら、何か病気のサインではないかどうか、チェックをしてみてください。

トイレ
尿の色によって、正常なものか、病気によって起こっているものなのか、その見極め方法をまとめてみました。

スポンサ―リンク


正常な尿の色とは?

正常な尿の色は、薄い黄色をしています。

透明ではなく、少し黄色がかっているのが正常になります。

この黄色は、ピリルビンという色素で、血液の中に含まれており、肝臓から分泌される胆汁にも含まれています。

透明な尿がいいのかと思うと、透明な尿というのもまた、多尿などの疑いがあり、病気が隠されている場合があります。

薄い黄色以外の色の場合は、色が濃くなっている原因や、変った色になっている原因を調べる必要があります。

尿の色が濃くなる原因とは?病気でない場合

尿の色が黄色でも、濃い色になっていることがあります。

朝起きて一番の尿は、濃くなっていることがあります。

水分を摂っていない場合、尿の色が濃くなることがあるからです。

朝一番の尿が濃い黄色になるのは、夜中に水分を摂っていないからです。

朝だけでなく、汗をたくさんかいた時や、スポーツの後や、熱がある時なども、水分不足になっていて、尿の色が濃くなることがあります。

色も、ちょっとオレンジがかったり、茶色っぽくなって見えることがあります。

これらは全て水分不足によるものです。

尿の色が濃いと思ったら、充分に水分を摂るようにしましょう。

水分を摂った後、尿の色が正常の薄い黄色になったら、問題はありません。

夏場は汗をかくので、水分補給を気をつけていても、冬場にも案外脱水症状は良くおこります。

その他には、薬を飲んだせいで、尿が濃い黄色やレモンイエロー、オレンジのような色になることがあります。

ビタミン剤や、サプリメント、栄養ドリンクを飲んだあとに、濃い黄色の尿が出ることがありますが、心配はいりません。

尿検査の前などには、飲まないほうがいいですね。
スポンサーリンク

尿の色がおかしい?病気が原因の場合

脱水症状やビタミン剤のせいではなく、体のどこかに疾患があるせいで、尿の色が普通と違う場合があります。

尿の色別で、まとめてみました。

カラフル

濃い黄色または茶色の場合

肝臓や胆道などの機能が、正常に働かず、病気にかかっている可能性があります。

尿に血が混じっている時も、茶色く見えることもあります。

肝臓や胆道の疾患が隠れている場合があります。

ピンクや赤い色の場合

尿に血が混じっているため、ピンクや赤といった色になります。肝臓または尿路の病気の可能性があります。

痛みを伴う場合は、尿路感染症や結石などが原因の場合もあります。

痛みがない場合は、腫瘍(癌)などが原因の場合もあります。

ピンクや赤い色の尿が出た場合は、泌尿器科に相談してみてください。

放置しておいてはいけません。

白く濁っている場合

濁って見えるのは、膿みが混じっているからです。

尿路感染症・尿道炎にかかると、濁った尿がでます。

女性の場合は、膀胱炎にかかっているのかもしれません。

色がなく、無色の場合

水分をたくさん摂ったあとだと、尿にあまり色素がでませんので透明な尿になっていることがあります。

多尿の場合は、尿の色がなくなるということもあります。

糖尿病や尿崩症などの病気が原因で、喉がよく渇いて、水分を摂りすぎがちな病気の場合、尿の色がない場合があります。

検査する病院を探す!

まとめ

尿の色が、いつもより濃い、いつもよりおかしな色だな・・・と、感じた時には、まずは水分をたくさん摂って見ましょう。

水分を摂った後、いつもの薄い黄色の尿になれば、脱水が原因です。

濃い尿が出た場合は、水をたくさん飲んで様子を見ます。

水をたくさん飲んでも、濃い色が変らなかったり、おかしな色が続いている場合は、一度病院で原因を調べてもらいましょう。

スポンサ―リンク