冬になると気をつけなくてはいけない「ヒートショック」。

ヒートショック

高齢者の方が、このヒートショックで年間多くの方が亡くなるという事故がおこっています。

どんなことをすればヒートショックを予防できるのか、家庭内でできるポイントをご紹介します。

スポンサ―リンク


ヒートショックとは?

ヒートショックとは、急な温度の変化で血圧が上昇する為におこる体への影響です。

寒いところから、急に熱いところに行ったり、またその逆の場合、体はその温度に適用しようと自己調節をします。

ですが、高齢者の場合、その調整能力が低下しているため、その圧力に耐え切れず、まれに重篤な症状をおこすことがあります。

急に温度差のある場所に行くと、血圧が急に下がったり、急上昇することになります。

それが原因で、心筋梗塞や、脳卒中を引き起こすこともあります。

体にに負担をかけない環境を、作ってあげる必要があります。

入浴でヒートショックが起きる理由は?

ヒートショックは、温度が急に変化することでおこります。

家庭内でその環境をそろえてしまうのが、脱衣所とお風呂の浴槽です。

浴室
冬の脱衣所はとても冷えていることが多いです。

寒さを感じると、人間の体は体の熱を逃がさないように血管を縮めます。

血管が縮まると、血圧が上昇します。

そこから熱いお湯に入ると寒さによってせまくなった血管が、今度は一気に拡張し、血圧が急降下します。

血管の急激な変化により、血流が悪くなったり、血の流れをせき止めてしまいます。

脳へ血が回らなくなり、失神状態になったまま湯船で溺死してしまうということもあります。

高齢者ではなくても、高血圧や、糖尿病、肥満、飲酒をしているなどの条件があれば、注意が必要です。

脱衣所と、お風呂の温度が十℃以上ある場合は、調整が必要です。

スポンサーリンク

どのようにヒートショックを予防できる?正しい入浴法は?

入浴時に、ヒートショックによる事故を防ぐには、温度差をできるだけ作らないことです。

冷えている脱衣所を温めたり、浴室を温めておいたり、お風呂の温度も、あまり高くしすぎないほうが安全です。

ヒートショックの予防のために、気をつけることをまとめてみました。

1.入浴は早めの時間にする。
夜遅くなると、寒さも増してしまうため、できるだけ日没前に入浴をすると温度差も穏やかです。

2.脱衣所に専門の暖房器具
小型暖房器具など、手軽な値段で場所を取らない商品もあります。入浴前につけて、脱衣所をあたためておきます。

3.お風呂場も温めておく
脱衣所だけでなく、お風呂場もあたためるには、熱いお湯をタイルに予めかけておいたり、熱いシャワーを出しておくと良いです。

4.湯船の温度は、熱すぎないように
寒いので、熱いお湯に入りたいところですが、熱くてすぐに入れない温度にはせず、40度ちょっとぐらいにしておきます。あまり長風呂もしないようにしましょう。

5.飲酒や食後、薬を飲んだ後は入浴を避ける
食事や飲酒も血圧に影響をします。食後1時間ぐらいはゆっくりしたあと、お風呂に入るようにします。

6.高齢者は一番風呂を避ける
一番風呂は温度差が出やすいため、二番風呂からにする。またお風呂が離れた場所にある家など、高齢者を一人にしない配慮もします。

まとめ

冬の寒さが増すとともに、外や部屋との温度差も大きくなります。

体に負担をかけないような、温度調節の工夫をして、ヒートショックのリスクがないように、気をつけましょう。

お風呂場でのちょっとした工夫は、すぐに実践してみてくださいね。

スポンサ―リンク