お酒を飲んでいないのに脂肪肝になるのはどうしてでしょうか。

脂肪揚げ
お酒を良く飲むためになる脂肪肝と、どのようない違いがあるのでしょうか。

非アルコール性脂肪肝には、どんな症状が見られるのでしょうか。

スポンサ―リンク


アルコール性肝炎と非アルコール脂肪性肝炎とは?

脂肪肝とは肝細胞の約 1/3以上に脂肪がたまっている状態です。

脂質量が肝臓の重量の5~10%以上を占めると、脂肪肝となります。おもにに中性脂肪がたまります。正常の肝臓では 2~3%が脂質です。

脂肪肝は「アルコール性脂肪肝」と「非アルコール性脂肪性肝疾患」の二つに分けられます。

アルコール性と非アルコール性、二つの肝炎はとてもよく似ており、肝臓の中の酸化ストレスなど共通の発症メカニズムがあります。

両方とも進行してしまうと肝硬変や肝臓がんになります。

アルコール性肝炎

アルコール性肝炎は普段からよくお酒をよく飲む人が発症し、命を落としかねない重症型アルコール性肝炎もあります。

非アルコール性肝炎

非アルコール性脂肪性肝炎は、食べ過ぎ、運動不足、肥満、糖尿病や脂質異常症などに伴う脂肪肝が原因として発症します。

 

非アルコール性脂肪肝とはどのような症状?

全くアルコールを飲んでいない人に、アルコール性肝炎と同じ脂肪沈着を持つ人がいるということで、非アルコール性脂肪肝という名前がつけれられました。

脂肪がただ、たまっているだけなら放置しても肝臓に悪影響はありません。

しかし、脂肪肝にもう一つの刺激が加わり、脂肪性肝炎という状態になると、これはさらに肝硬変や肝がんに進むことがあります。

スポンサーリンク

非アルコール性脂肪肝はどのように診断される?

脂肪肝の程度が進んで肝炎が疑われる時、画像検査や血液検査だけでは脂肪肝か肝炎か判断がつきません。

針を使って体から肝臓へと突き刺し、肝臓の一部を採取する検査をして診断を確定します。

 

非アルコール性脂肪肝の原因とは?

飲酒をしないのに、食生活の乱れなどによりアルコール性肝障害に似た肝障害が起こることが分かっています。

意識の低いダイエット
非アルコール性脂肪肝の原因としては、メタボリックシンドロームである高脂血症、糖尿病、肥満が指摘されています。

非アルコール性脂肪肝の中で、進行しないのが単純性脂肪肝で、肝硬変や肝細胞がんに進行するのがNASH(ナッシュ)と呼ばれています。

 

非アルコール性脂肪肝は自覚症状はある?

非アルコール性脂肪肝は、ほとんど自覚症状はありません。

時として肝臓が肥大したことによる腹部の膨張感や、右脇腹の痛みを自覚する場合があります。また、時には軽い倦怠感を訴えることもあります。

肝硬変に進展した脂肪性肝炎では、黄疸、全身倦怠感、手のひらの紅色の斑点が見られることがあります。

 

まとめ

非アルコール脂肪性肝炎はお酒を飲まないとしても、アルコール脂肪性肝炎と似た症状があらわれます。

非アルコール脂肪性肝炎と診断されたなら改善するよう努めましょう。

関連記事:治療するための薬がない?非アルコール性脂肪肝を治す方法はあるの?

スポンサ―リンク