肝臓や胆のうなどに異変があると、高い数値が表れるγ-gtp。

仕事が捗らない女性
γ-GTPが血液中に流れ出る量を測ることにより、主に肝臓の状態を把握することができます。

アルコール摂取量によって、数値は敏感に反応すると言われています。

スポンサ―リンク


女性のγ-gtp基準値は?

アルコールの摂取が多いと心配される肝脂肪や、胆道、胆石等の予防のため、γ-gtpの数値を把握しておきましょう。

通常の健康診断には、血液検査でγ-gtpの数値が出ています。

γ-GTPの基準値は、

男性で10~50

女性で9~32

となっています。

それ以上になると注意。

100以上の場合は、医師からの指導を受けたり治療が必要になる場合もあります。

肝炎や肝硬変などを起こす心配が出てきます。

男性と女性の基準値を比べると、女性のほうが基準値が低くなっています。

これは、女性ホルモンが多いと、γ-gtpが低く出るという理由からです。

ただ、基準値よりも少し高いぐらいであれば、アルコールの量を減らすことで数値が下がることが多いです。

シャンパンとグラス

お酒を飲まない日を作ったり、量を減らすことで数値を下げることができます。

アルコールの量を減らせば、一週間程度で下がります。
スポンサーリンク

女性でγ-gtpが高い場合の原因は?

アルコールの多量摂取によって数値が高い場合もありますが、アルコールを全く摂取しない人でも、数値が高い場合があります。

同じく血液検査でわかるGOT、GPTの値とも見比べて判断しますが、他は正常で、γ-gtpの数値だけが高い場合は、アルコールが原因かもしれません。

他に数値が高くなる原因は、
  1. 肝臓や胆道、胆管が詰まっている病気薬の服用に関係している
  2. 抗生物質や解熱剤の服用でも、数値があがるようです。
常用している薬が、原因になっている場合もありますので、数値が高い場合は、疑ってみても良いかもしれません。

アルコールを摂取しないのに、γ-gtpが高い場合は「非アルコール性脂肪肝」という可能性も疑われます。

これは最近日本でも、患者が多くなってきている病気です。

数値を改善する方法は?

γ-gtpの数値を高くしている原因をつきとめ、その症状を改善することが数値を下げることになります。

アルコールの摂取が多いために数値が高くなっていれば、節酒や禁酒が言い渡されることもあります。

病気になっている場合は、その治療をする必要があります。

アルコールの量を減らすだけでなく、食生活の見直しと、適度な運動、ストレスをためすぎない、充分な休養なども一緒に行う必要があります。

肝臓は悪くなっていても、症状がほとんど出ない臓器です。

検査の数値で状態を把握しておかないと、いざ症状が出たときには手遅れになっていることも多いので、定期的にチェックすることをお勧めします。

まとめ

γ-gtpの数値=お酒の飲みすぎ と、思われていることが多いですが、恐い病気が隠れている可能性もあります。

女性の場合は基準値が元々低いので、少し数値がたかいと思ったら、原因を探って、改善に努めると安心です。

スポンサ―リンク