スポンサ―リンク

物忘れが頻繁に起こるようになったと感じた時には、認知症がはじまっているのかもしれません。

休日
自分自身で感じなくても、身近な人の言動かちょっとおかしいなと感じたら、早めに受診をすれば、進行を遅らせることもできるかもしれません。

ところで認知症の診察は何科で受診すれば良いのでしょうか。

スポンサ―リンク


認知症検査は何科でするの?

認知症の原因は、脳の異常によっておこってきます。

一般的な病院でしたら、脳神経外科となります。

もしくは神経科、精神科になる場合もあります。

病院によっては、認知症のための科を作っているところもありますし、受付などで相談するか、事前に電話で相談をしておくのも良いでしょう。

病院だけでなく、クリニックで「物忘れ外来」があるところもあります。

物忘れ外来の医者は、認知症のプロですのでお住まいの地域のそばにあるかどうか、調べてみましょう。

お近くの保健所などでも、教えてもらえます。

 

認知症検査の内容は?

認知症の検査ですが、まずは問診と簡単なテストを行います。

問診では本人に行う場合と、家族に行う場合もあります。

テストでは、よく使われているのは「長谷川式」というもので、簡単なテストで、物忘れがどの程度なのかを判断します。

認知症の程度により、正しく問診や、テストが行えない場合もあります。

その場合は、身近で世話をしている家族が代わりに回答をします。

これらの検査で、認知症を疑われる場合にはX線を使った検査(PET・SPECT)、脳のCT、MRIを撮影することもあります。

これらを使った検査では、アルツハイマーの初期発見に効果があります。

また物忘れの原因がどこから起こっているのか、脳の状態を把握します。

血流の異変や動脈瘤があるか等の状態や、萎縮などが起きていないかを調べます。
スポンサーリンク

どんな時に認知症検査を勧める?

物忘れがひどくなってきたと感じたり、言語障害や、おかしな行動をするなど、ちょっと普段と違って変だなと思ったら、検査を勧めてみましょう。

普段穏やかだった人が、急に怒り出したり、支離滅裂なことを言い始めたり、迷子になってしまったり、普段の性格と違った様子になることがあります。

また病院でも使われている長谷川式のチェック項目は、ウェブサイトのほうでも掲載されていますので、チェックしてみては?

セルフチェック 長谷川式
https://info.ninchisho.net/check

認知症の検査を受けるというのは、抵抗がある人も多いでしょう。

以前は「年を取ったらボケるのも普通」といわれていました。

年をとったから仕方がないものではなく、脳の病気であるということを理解して、早期発見をして治療をすることも可能なのです。

老人女性

上手な受診の勧め方は?

認知症にかかってしまうと、自然に治るということは難しいです。

また、発症したとわかっても、完治をさせるもの難しい病気です。

もし発症した場合は、少しでも進行を遅らせるように治療をします。

認知症かもしれないと認めるのは、誰でも怖いことだと思います。

物忘れが激しいと、自分が忘れてしまっていることさえ覚えていないということが起こってきます。

ですので、自分が認知症かもしれないということさえ、思いつかないという人もいます。

そのため、老人扱いされた、厄介者扱いされたと怒ったり、傷ついたりする人も多くいますので、受診を勧めるのには配慮が必要です。

受診を断固拒否されてしまっても、根気強く説得をしましょう。

病気であるかもしれないこと、早めに治療をすればひどくならずに済むこと。そして何より、家族みんなが心配をしているということを理解してもらいましょう。

 

まとめ

認知症は、本人も周りの人にとってもつらい病気です。

ですので、早めに症状を把握して、治療に当たるのが一番です。

自分でも、ちょっとおかしいなと思ったら、早めに相談窓口に足を運んでみても良いでしょう。

スポンサ―リンク