健康診断の後、検査の結果によっては再検査をするように言われることがあります。

びっくり
肝臓の再検査が必要と言われた場合は、どのような再検査をするのでしょう。

また、通常の数値を超えていた場合に疑われる病名は?

再検査にかかる費用は、どれぐらいなのでしょうか。

スポンサ―リンク


再検査の内容は?

通常の健康診断で、GOT、GPT、ガンマGTPの数値が基準値を超えていた場合、再検査を言い渡されることがあります。

再検査の内容は、採血をしての検査となります。

健康診断でも一度採血をしていますが、もう少し詳しい内容を知るために、再度採血が必要になります。

また、腹部超音波で肝臓の様子を見ます。

これはジェルを塗って、機械を当てるものです。

ジェルを塗るときに、肌がひやっとしますが、痛みなどは全くありません。

エコーでは、肝脂肪や腫瘍があるかどうかを確認します。

再検査の内容は、病院によって多少異なりますが、大抵はこの2種類となります。

検査は数時間で済みますので、検査入院の必要はありません。

もし再検査で異常が疑われた場合は、さらに病気の特定が行われます。

 

肝臓の再検査の費用はいくらかかるの?

肝臓の再検査を受ける場合の費用ですが、保険を使うことができます。

検査内容や、病院によっても費用はまちまちですが、大体5000円前後ぐらいになるところが多いようです。

これは保険適用外の費用となりますので、保険を使った場合は、もっと安く検査を受けることができます。
スポンサーリンク

肝臓の再検査は何科でするの?

肝臓の再検査を受ける場合は、消化器科を受診するのが良いでしょう。

名前は消化器科消化器内科等となります。

または一般内科でも受け付けてもらえます。

血液検査のほか、エコーの検査などがある場合もあるので、
そういった施設があるクリニック又は病院を利用しましょう。

もちろん、最初に検査を受けたところに行けば、前回受けた検査結果もあります。

別の病院やクリニックに行く場合は、検査結果を持って行きましょう。

 

健康診断で肝臓の数値が気になる!下げる方法は?

肝臓の再検査になる数値とは?原因は?

通常の検診では、血液検査によりGOT(AST)、GPT、ガンマGTPの数値を出します。

それぞれの基準値と、基準値よりも数値が高い場合疑われる病気は以下の通りです。

GOT(AST)

肝細胞に異常が出ると、数値が高まります。

ウィルス肝炎、肝硬変、アルコール性肝障害、非アルコール性脂肪肝炎、肝臓がん、心筋梗塞、筋肉の病気の可能性がある。

基準値:35U/L以下

参考:肝機能 AST (GOT)が高い原因とは?考えられる病気は?

GPT

脂肪肝や慢性肝炎の可能性が疑われます。

基準値:30 IU/L以下

ガンマGTP

肝臓や胆管の細胞が破壊されると、血液中に流れ出し数値に表れます。

脂肪肝、胆道系疾患、アルコールの摂取が多い場合に数値があがります。

基準値:γ‐GTP基準値:50 IU/L以下

ひとつの数値だけでの判断ではなく、それぞれの数値を比べて病気の断定を行います。

数値を正常値に戻すには?

薬の服用などにより、数値が高くなっている場合もありますので、思い当たるものがあれば、医師に相談してみましょう。

それぞれの数値が高い場合には、
  1. 高カロリーの食事から低カロリーの食事にする
  2. アルコールや喫煙を控える
  3. 適度な運動と、十分な休息をとる
この3つを普段から心がるようにしましょう。

肝臓に良いと言われる食べ物を積極的に摂ったり、サプリメントなどで補っても良いでしょう。

肝臓に良いといわれている食べ物は、シジミ、牡蠣、レバー、うなぎ、大豆、ナッツ類、卵、肉、ブロッコリーなどです。

牡蠣
ビタミンやミネラルをバランスよく摂りましょう。

まとめ

肝臓は悪くなっても痛みを感じたりはしないので、
検査によって悪くなっていることが、はじめて分かることがあります。

再検査という結果になったら、きちんと再検査を受けて、状態を確認しましょう。

スポンサ―リンク