バリウムの検査が終わって、ほっと一息。

でも、検査が終わったといって、まだ安心はできません。

バリウムを飲んだ後は、速やかにバリウムを排出しなければいけません。

バリウムを飲んだ後に気をつけること、しなくてはいけないことをまとめてみました。

スポンサ―リンク


バリウムを飲む前日にアルコール厳禁の理由は?

バリウムを飲む検査の前には、食事制限があります。

大体前日の夜9時以降は、食事をしないように言われるでしょう。

水分については、アルコール、コーヒー、紅茶なども良くありません。

当日はどうしても喉が渇くようなら水のみにします。

アルコールが厳禁というのには理由があります。

お酒
アルコールは、バリウムと混ざると固まるといわれています。

ですが、それは間違いで、アルコールは体の水分を奪うため便が出にくくなり、固まってしまうというのが本当のようです。

体内にアルコールが残ったままバリウムを飲んでしまうと、バリウムが体内で固まりやすくなり、体の外に排出されにくくなってしまいます。

 

バリウムを飲んだ後のアルコールはOK?

検査前同様、検査後も体外からバリウムが排出されるまではアルコールは厳禁です。

検査前から我慢して、検査が終わってほっとしてついお酒を飲んでしまった!

そんなことがないように、気をつけましょう。

アルコールを飲む目安は、便が白色から普通の色になったら、アルコール解禁です。
スポンサーリンク


その代わりに飲んだほうがいいのは  です。

水をたくさん飲むように、病院でも言われます。

お茶やジュース、ポカリスエットなどではなく、ただの水が良いようです。

ミネラルウォーター
お茶やコーヒーは利尿作用があるので、せっかく水分をとっても体外に排出されてしまいます。

普段よりも多めに水分を摂るようにします。

最低でも2リットル以上は飲むようにしましょう。

 

下剤の効き目は?

検査の後、下剤を渡されると思います。

バリウムはできるだけ早く、体外に出すのが良いからです。

下剤を服用し、大量の水も飲みます。

下剤の効き目については個人差があるので、余分にもらっておくと良いかもしれません。

もし2日ぐらいたってもまだ出る気配がなければ、下剤を追加するか、病院に相談してみましょう。

放っておくとバリウムが体の中に固まって、腸閉塞を起こす危険があります。

下剤を飲んだ後は、しばらく様子を見ましょう。

トイレの場所の確保も忘れずにしておきます。

食事も便秘に良いとされる、食物繊維の多い野菜や果物などを摂り、便意を起こさせるようにします。

ペットボトルの水をそばに置き、ちょこちょこ水分補給を忘れずにしましょう。

 

まとめ

検査が終わっても、バリウムを体外に全部出してしまうまでは、まだ終わっていません。

うっかりアルコールを飲まないようにすること。

早めに出してしまうことを、心がけましょう

参考:健康診断でバリウムを飲むにはコツがいる?断りたいけど意味がある?

スポンサ―リンク