スポンサ―リンク

肝臓は沈黙の臓器と言われています。

肝臓
体の症状として表れにくいことが多く、発見した時には、すでに症状が進んでいた、ということがあります。

健康診断の際に肝機能の状態を表すASTとはいったい何なのでしょうか。ASTが高い場合原因は何でしょうか。

考えられる病気は何でしょうか。ASTの数値を下げるにはどうしたらいいのでしょうか。

スポンサ―リンク


肝機能AST(GOT)とは?

肝機能の状態を表すASTとはいったい何なのでしょうか。

ASTはアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼという酵素の略号です。

GOT(グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ)とも言われます。

日本では長い間GOTと呼ばれていましたが、国際的な標準に合わせてASTと呼ばれるようになりました。

AST(GOT)と併記してASTが優先されて表記されるのが一般的となっています。

ASTの基準値は30 IU/L以下です。

 

ASTが高い原因とは?

ASTはアミノ酸を作り出す酵素です。肝臓の細胞以外にも、赤血球、手足の筋肉や心臓の筋肉などにも含まれている酵素です。

特に肝臓に多く含まれているため、肝機能検査の項目として検査されています。

ASTは肝臓の細胞が何らかの原因で障害を受けると、血液中に酵素が流れ出すことで、AST(GOT)の数値が上がります。

ASTは一般的に単独で検査することはなく、ALT(GPT)と一緒に検査されます。

ALTはアミノ酸の代謝を司る酵素で、肝臓に多く含まれます。アラニンアミノトランスフェラーゼという酵素の略称で、かつてはGPTとも言われていました。

ASTは、肝臓以外の組織(心臓・骨格筋・赤血球など)に多く存在します。

AST値がALT値よりも高い値を示す場合は血液疾患や骨格筋疾患が疑われます。

 

ASTが高い場合に考えられる病気とは?

ASTは肝臓の細胞が障害を受けると、血液中に酵素が流れ出すことで、数値が上がります。

肝臓に異常があった場合は、ほとんどの場合ALT・AST両方の数値が上がります。その場合は肝臓病であることが疑われます。

ASTの数値だけが高く、ALTの数値が高くない場合は、筋肉の組織や心筋梗塞が壊れたということを判断されます。

ALTがASTの数値を上回っている時は、慢性肝炎や脂肪肝などが疑われます。

ASTがALTの数値を上回っているときは、心筋梗塞、肝硬変、アルコール肝炎、肝臓がんなどが疑われます。

スポンサーリンク

お酒を飲まないのにASTが高い場合は何が考えられる?

アルコールを飲まないのに、肝臓の数値が高い場合、非アルコール性脂肪肝と言われます。いわゆる「肝臓の肥満」状態です。

肝臓は、アルコールを飲まない場合でも、食べた物を処理・分解をしていますが、コレステロールや中性脂肪がたまってくると、肝臓が太ってきます。

内臓脂肪

肝臓が太ってきて、肝臓全体に占める脂肪の割合が30%以上になってくると、肝臓の働きが低下します。

健康な時の肝臓の脂肪の割合は、3-4%ですので、脂肪肝はかなりの脂肪がたまっている状態です。

そのため、脂肪肝になると、肝臓の機能低下から動脈硬化や肝硬変といった生活習慣病にかかりやすくなるので注意が必要です。

脂肪肝ではなくても、疲れなどが原因で一時的にASTの数字が上がることがあります。

私も、一度経験があるのですが、風邪で病院で血液検査を受けたところ、肝臓の数値が高く、総合病院へ回されました。

総合病院で検査した結果、どこにも異常がありませんでした。

何らかの原因で、一時的に肝機能が弱まることがあります。こういう場合は、一時的なので、特に心配することはありません。

 

ASTの数値を下げるには?

ASTとALTの数値が両方とも高い場合は、肝障害の可能性が高く、肝臓の負担が高くなっていることが考えられます。

肝臓を休ませることで、肝臓の数値を下げる努力をしなければなりません。

具体的には、高カロリーの食事を避けることと、禁酒・禁煙をすることが必要です。

アルコール摂取や喫煙は肝臓に大きな負担をかけることになります。できれば、止めてしまうことが理想です。

難しいようなら、少なくとも、週に2日以上は休肝日を設けて、確実に肝臓を休ませてあげるように努力しましょう。

 

健康診断で肝臓の数値が気になる!下げる方法は?

まとめ

肝臓は自覚症状があまりないため、手遅れになりがちです。

普段から、栄養バランスの良い食事を心がけるとともに、アルコールを飲みすぎないこと、そして、適度な運動も、体にとって大事です。

年に1回は定期健診に行って、血液検査をして、肝臓の数値をしっかり確かめましょう。

スポンサ―リンク