スポンサ―リンク

健康診断の中では、必ず行われる「身体計測」。

成長期の子供でもないのに、どうして毎年身体計測をするんだろう?と疑問に思ったことはありませんか?
身長を測る子供
身長や体重、腹囲の計測で、からだの状態が分かることが多くあるのです。

スポンサ―リンク


身長と体重を測定する意味とは?

身長と体重を計ることで、年齢に応じた平均値よりも痩せすぎていないか、太りすぎていないかを知ることができます。

また、身長と体重の比率から、BMI値を割り出すことができます。

BMIには基準値があります。

標準は、18.5以上25.0未満となっていて、それ以下は痩せすぎ、異常は太りすぎとなります。

標準値の人だと、病気になりにくいという医学的な根拠もあります。

ですので、健康な状態をキープするためには、BMIの数値を意識しておくと良いです。

BMI指数を出す計算式は

体重(kg)÷(身長(m)× 身長(m)

で計算ができますし、自動計算ができるサイトもあります。
http://bmi.jp.net/

 

体脂肪率について

最近の体重計には、体脂肪率を量れるものも多くでています。

体の中の脂肪を占める割合を示した数値が体脂肪率となります。

アスリートなど、からだを鍛えている人は体脂肪率が低く、筋肉の割合が多くなります。

逆に体脂肪率が高いと、筋肉が少なく肥満が多いということになります。

体脂肪率で標準と言われている数値は、40歳ぐらいの場合
  • 男性が12~22%
  • 女性が22~35%
です。

それ以上になると肥満に注意が必要となります。

見た目では全然太っていない人でも、体脂肪率が高いという隠れ肥満の人もいます。
スポンサーリンク

腹囲の測定でわかること

お腹周りの測定でもわかることがあります。

おへその周りをはかってみて、
  • 男性は85㎝以上、
  • 女性は90㎝以上
の場合、メタボになってしまっている心配がでてきます。

腹囲が平均異常に大きい場合は、内臓脂肪の蓄積率も高いと言われています。

肥満には、「皮下脂肪」と「内臓脂肪」というタイプがあり、脂肪の付き方が異なります。
メタボ
皮下脂肪は、お尻や足につきやすい肥満です。

皮下脂肪による肥満は、あまり直接メタボに関わることはありません。

注意しなくてはいけないのは、内臓脂肪のほうです。

内臓の周辺に脂肪がついていると、腹囲が大きくなります。

脂っこいもの、甘いものが好きな人、量を食べる人、運動をしない人など、生活習慣が原因であることも多いです。

成人病と呼ばれる、心臓病、糖尿病、高脂血症、脂質異常症、高血圧などにかかる可能性が高くなります。

腹囲が大きい場合には、食生活の見直しや、適度の運動をすることを指導されることになります。

 

まとめ

身体計測は健康診断の基本的な項目です。身長や体重、腹囲の計測で、どんな変化があったでしょうか。または維持しているでしょうか。

自分のからだのデータを知って健康を管理しましよう。

スポンサ―リンク